野生を生きるための厳しさ・・・
  • + 2018-01-04 (Thu) +

年明けは荒れ模様という予報でしたがそれほど大荒れにもならずに済んだ当地です。
風はそこそこ強かったですが珍しく太陽が見れてどちらかというと天気の良い新年を迎えられました。

しかし天気の良いときにフィールド巡りすることは叶わず正月休みも終了です。
今年もなかなか自分の時間が取れないということなのでしょうか?(T_T)

ということで昨年の出来事です(^^;
フィールド巡りをしているとなにやらカラスが大騒ぎしている光景に出くわしました。

24L17-05.jpg

よくよく見ればハヤブサの若鳥ですが随分とたくさんのカラスに追い回されてます。
カラス達はよく大型猛禽類を相手にモビングという名の疑似攻撃(嫌がらせ?)をしますが随分と執拗に
纏わりついております。

24L17-04.jpg

20羽近くのカラスたちに付き纏われさすがのハヤブサも嫌気がさしたようで、カラスを振り切って
コチラに一目散に飛んできました。
が、よく見ると顔中血だらけで真っ赤です (@_@)!ゲゲゲッ

もしやカラスたちに攻撃でも喰らったのかと心配して暫く様子を見ていたのですが
その軽快な飛びっぷりはとてもケガをしているようには見えません。

しまいにはカラスたちに反撃をはじめております。
その後も車の中で見ていたらカラスを蹴散らしたハヤブサが降り立ったところに
何やら他殺死体が・・・被害者はセグロカモメのようです。ナムナム(-人-)

ハヤブサは羽を広げて餌のセグロカモメを隠しながら食事再開の様子。
なるほど、顔中血だらけなのはこれが原因のようですね。

その食事シーンも撮影はしているのですが、以前載せたマヒワを仕留めたハヤブサの写真とは
比べられないほどショッキングな映像のため自主規制させていただきます(^^;

結局は30分ほどでカラスたちに横取りされてしまいましたが、カラスたちはくちばしの形のせいか
肉を切り裂くような食べ方はできないようで、大騒ぎした挙句にほとんど手を付けずに海に落としてしまいました。
その時の皆でもったいなさそうに海に落ちたセグロカモメを見ているシーンは少し滑稽でしたけどね(^^;

いや~久しぶりのフィールド巡りで野生で生きることの厳しさを垣間見れた出来事でした。
こういう場面は少し際どい写真となってしまうことが多いのですが、またこういったシーンに出逢うことが出来たら
ご紹介させていただきたいと思います。
へばまた(・∀・)ノシ

スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

あけおめ!

あけましておめでとうございます!!

相変わらず忙しそうだね!

こちら昨年は、秋に半夜磯釣り1回で終わりました。
しかもアジだらけ(><)
リベンジ目論むも、シケで無理~ってな感じでしたよ。

歳には勝てんな~。

バイクはBMにスキルアップしましたけど(笑)

今年は飲みたいですね~!よろしくです!!
プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター