FC2ブログ

謎の飛行物体は県初記録?
  • + 2017-09-12 (Tue) +

またもやしばらくの放置状態となってしまい申し訳ござませんm(_ _)m
既に朝晩は肌寒くて夏が終わってしまったことを否応なしにも実感させられる最近の当地です。

鳥たちも少しづつ動き出していおるようで、僕の中で秋の定番であるタカの渡りも
そろそろ本格シーズン到来となるはずでワクワクしている今日この頃です。

先日シーズンインに先立ち、自宅近くで市街地を一望できる見晴らしの良い場所で
何か渡らないかと空を見上げていたら1羽の大型鳥類が林の向こうから現れました。
パッと見で翼が長くて下面が白いことからミサゴ?と思ったのですが・・・

08i17-01.jpg

双眼鏡を覗いてみると、むむむ!!首が長いゾ!
すぐさま脳内図鑑と照合しますが、一致するものが出てきません。
サギの仲間なら首を縮めて飛ぶはずだし、となるとツルの仲間???
トキ科にしてはデカイし・・・?コウノトリは先日僕の鳥先生が見つけて秋田にやってきたという記事が
新聞に出ていたから姿かたちはよくわかてるし・・・

08i17-02.jpg

とりあえず見たことない鳥なので慌ててカメラを準備して証拠写真撮影です。
そのあいだも謎の鳥は悠然とやや低空を市街地方向に向かって飛んでいきます。

08i17-03.jpg

特徴的なのは暗褐色の体によく目立つ白い体下面です。
何者かよくわからないまま撮影するのもなんだか気持ちが悪かったのですが、
とりあえず何枚か撮影できたころには市街地上空をそのまま一直線に通過して
ファインダーのなかで点となって消えていきました。

結果、手持ちの図鑑などを照合したらどうもナベコウ幼鳥のようで、記録によれば
秋田県では初記録となるかもしれません(@_@)!

本来迷鳥として冬から春の記録が多いようですが、まだ冬と呼ぶには早すぎる時期です。
ものの本によれば渡り鳥たちは磁場を感じながら遠い目的地を目指すといいます。
もしかしたらちょうど世間を騒がせていた太陽フレアによる磁気嵐の影響で方向感覚が
狂ったのでしょうか?

だとしたら無事に大陸に戻って本来の目的地であるユーラシア大陸南部を
目指してもらいたいものです。

今回はタカの渡りのはずが思いもよらない出逢いとなり印象深い一日となりました。
こういうことがあるから鳥見ってやめられないんですよね!
へばまた(・∀・)ノシ

スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはまた凄いのと見つけましたね!
私はいつも下ばかり見てるので、これからは上も見なくては^^;

ちなみに青森では、1976年9月16日廻堰での記録があります。

No title

m2birdさん、おはようございます。
すっかりご無沙汰してしまいまして...(^^;
最初はホント何者だ?という感じでした。
此方はイイ感じの水張り休耕田がなく下を見る機会が殆どないことが幸いしました?!(笑)
これからどんどんと鳥が動き出すので楽しみなシーズンになってきましたね!
プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター