昨シーズンに続き今シーズンは・・・
  • + 2017-05-06 (Sat) +

ゴールデンウィーク後半戦は今のところ非常に天気に恵まれております。
とはいっても、そろそろ連休の終わりが見え始めて心がブルーになってきている方も
いるのではないでしょうか?

そんななかボクは天候が良いということで久しぶりに訪れた汽水域の水辺を訪れてみました。
そこにはカモメやら居残り組のカモたち、あとは羽を乾かしているウなどが目についたのですが、
かなりの岸から離れた場所に居る鳥影がなにやら気になります。
いわゆる第六感というやつでしょうか?
ドレドレと双眼鏡で覗いてみればそこに居たのは・・・

05e17-01.jpg

おー!!!
なんとアビでした。しかも一度は見てみたいと願っていた夏羽の装いです!
パタパタと熱心に羽繕いを続けております。

しかし見つけたは良いものの、これが遠いコト遠いコト(^^;
スコープで見ればほぼ夏羽の姿をじっくり見れるのですが、コレをカメラで納めるには
1.4Xテレコン入れて強トリミングしてもこの程度。

どうしたものかと思案していたのですが、こちらの悩みを知ってか知らずかボクの姿を嫌ってなのか
益々離れていくアビの姿。

こうなったら持久戦とばかりに待つこと○○分(バカだと思われるので詳細は秘密です)
今まではひたすら沖目に居たアビが突如僕のほうに泳いできます(嬉)

05e17-03.jpg

遂には目の前までやってきたのですが、いままでひたすら避けられていたのに
なぜ突然寄ってきたのでしょうか?

05e17-02.jpg

でもおかげさまで夏羽の証でもある前頸部の赤褐色や仲間のオオハム類の夏羽には
見られない、後頸部分の縞模様などをじっくり観察させてもらえました。

そういえば昨シーズンはシロエリオオハムの成鳥夏羽を偶然にも観察することが
できたのですが、今年はアビにも出逢うことができてすごく満足度が高い一日となりました。

まだ鳥たちはドンドンと北を目指して渡って行ってる時期です。
思いもよらないところに思いもよらない鳥たちがひっそりと旅の疲れをいやしているのかもしれません。
そう考えるだけで、次はどんな鳥に出逢うことができるのかとドキドキする日がしばらく続きそうです。
へばまた(・∀・)ノ
スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター