FC2ブログ

目の前に現れたのはいつか見たいと思っていた方・・・
  • + 2016-06-07 (Tue) +

寒い寒いといっていたらすでに南のほうでは梅雨入りしたとのこと。
当地も例年ではあと1週間もすれば梅雨入りとなります。
暫くはうっとうしい天気が続くことになりますが、なんとか天候のすきを見てフィールド巡りをしたいと企んでます。

さて前回もったいぶって引き延ばした続きですが・・・(^^;
大ヒントが出ていたので大概の方は察しがついてたと思いますが、後ろを横切った相手の正体はこちらです。

20160521-07.jpg

そう、前から一度は見てみたいと願っていたシロエリオオハムの夏羽です!
これには久しぶりに心臓バクバクでシャッター押すときに緊張してしまいました(^^;
この感覚、何度体験してもうれしさとと緊張が入り混じる不思議で幸せな感覚です(笑)

図鑑写真でもすごい色彩だと思ってましたが、実物を前にすると冬羽のシックさからは想像もつかない姿です。
興味がない人だと同じ鳥とは思えないでしょうね(^^;

20160521-08.jpg

こちらのシロエリオオハムも時折潜水を繰り返しているうちに僕のことを安全だと判断してくれたのか、
はたまた最初から気にもしてないのか、かなり近くに浮上してくれました。

じっくり見てみると前頸の光沢感のある紫色が光の当たる角度によっては緑色にも見えます。
そして絶対に触り心地のよいベルベットのような灰色の頭部、スゴク撫でてみたいです(^^;

20160521-06.jpg

しばらく冬羽のお仲間と一緒に行動しておりましたが、飽きた?のかちょっと遠くにお出かけのようです。
これまた航路探鳥でアビ目の飛翔を遠くから見たことは有りましたが、間近で頭上を飛んでいくシーンを
見ることができてこれまた大感激でした。

類似種のオオハムとの識別点では嘴の長さ頭の形が違うとよく書かれておりますが、それと同様に有効なのは
前回もご紹介した喉の黒い帯(chinstrap)と下尾筒にもある黒い線(ventstrap)とのこと。
chinstrapは夏羽では全部黒くなってしまっていて区別がつきませんが、ventstrapは夏羽でもしっかり
特徴として残っております。
これは水面に浮いているときはなかなか見れませんが、このように真上を飛んでくれれば一目瞭然です。

ということでこの個体はシロエリオオハムの夏羽で間違いない!ということが判明です。
ていうかその前に一緒にいるお仲間がシロエリオオハムなんだからその時点でわかるだろという
突っ込みはこの際聞こえないふりをしておきます。
ちょっと図鑑を読んで得た知識をひけらかしたかっただけけですから(笑)

ということでいつかは見たいと思っていた鳥とのまさかの出逢いでハイテンションになってしまったところで・・・
へばまた(・∀・)ノ
スポンサーサイト



テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素晴らしい写真が撮れましたね!
羨ましい限りです。

No title

夏羽の頭のビロード感は、つい触ってしまいたく
なりますよね!

それにしても快挙です。
何がって、、、普段の行いが悪くても
良い出会いがあるという新たな伝説を作りましたね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

m2birdさん、こんばんわ
m2birdさんのブログに出ている夏羽オオハムを見ていつかはボクもと・・・
いままで出会った鳥の中でもかなりのインパクトがありました!

No title

KX2_Birderさん、こんばんわ
なんとなく触り心地の想像はつくのですが、やはりテロンとしたあの頭を見ていると触りたくなる衝動を抑えきれません(笑)

KX2_Birderさんに快挙だなんて言ってもらえるなんて~
なんでしたら今度レクチャーしましょうか?(笑)

No title

鍵コメさん、こんばんわ
よい出会いがあるといいですね。
更新楽しみにしておきます(^∀^)ノ

No title

弘前にいた頃、冬羽根は見た様な気がしますが、夏羽根って、こんな感じなんですね。わたしも、ビロードの様な頭を撫で回したいです。

No title

MrBさん、こんばんわ
すっかりお返事遅くなりました(汗)
この時期は身体が4つくらい欲しい感じなもので申し訳ありません。
ビロードというか安物絨毯というか・・・
先日同好の先輩と話をしていて、逆撫でするとどうなるのだろう?(笑)
という話になりました(^^;
プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター