FC2ブログ

王者といえども・・・
  • + 2019-03-27 (Wed) +

暖かい日が続き南のほうでは桜の開花がニュースとなっておりましたが
ここ数日は急な冷え込みで一時は一面真っ白の雪景色に戻った当地です。

先日よく行く山に顔を出してみると、このあたりの主であるクマタカが
見晴らしの良い枯れ木にパーチしておりました。

17c19-02.jpg

遠くから見ていても濃いオレンジ色をした鋭い目がひときわ目を引きます。
しばし下界を睥睨して王者の風格を醸しておりましたが、ひらりと飛び出して
しばらく姿を消しておりましたが、ガァガァというカラスの騒ぎ越えと一緒に現れたクマタカは
同じくここ一帯を根城としているカラスのペアにちょっかいを出しておりました。

最初はクマタカが押していたものの、さすがの王者もカラス2羽の相手は分が悪いようで
逆に執拗に付きまとわれたまま尾根の向こうに飛び去って行きました。

17c19-01.jpg

カラスたちもそろそろ繁殖の時期。
自分たちの縄張りの中にこんな恐ろしい敵がいると思えば子育てもできませんから
必死で追い出そうとしているのかもしれませんネ。

なんだか自然の厳しさを垣間見た気がしたところで・・・
へばまた(・∀・)ノシ
スポンサーサイト



テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

ひと味違う渡りの個体・・・
  • + 2019-03-13 (Wed) +

春の気配がだんだんと濃くなってきた当地です。
冬鳥のガンやカモたちは北に帰り、空はすっかり静かになりました。
そんな雰囲気にもしかしてと小高い丘の上に来てみれば・・・
案の定タカたちの春の渡りが始まってました。

10c19-01.jpg

ノスリやミサゴ、トビなどがポツリポツリと渡る姿を眺めていたら
突如現れたひときわ大きな鳥影の正体はオジロワシの若鳥です。
冬の間は当地では比較的あちらこちらで見かけることができるオジロワシも
渡りの個体となるとちょっと感慨深いものがありますね。

10c19-02.jpg

その大きな翼で頭のすぐ上でゆったりとしたソアリングをしていたら
近くを通りかかったトビが果敢にオジロワシへモビングをしておりました。
トビもそれなりに大きいと思いますがオジロワシと並ぶと大人と子供のようですね。

オジロワシの若鳥もその大きな体ゆえに北を目指す最中に何度もほかの
鳥たちにちょっかいを出されるんでしょうね
若いオジロワシがそれにめげずに無事にサハリンにたどり着けることを期待して
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

美声が聞けるまでもう少し・・・
  • + 2019-03-06 (Wed) +

雪に閉ざされていた沿岸部の小河川もすっかり雪が消えて
早春の光景が広がっておりました。

04c19-01.jpg

久しぶりに覗いてみたら冬の間はどこかに隠れていたミソサザエもいつもより早い春の兆しに
ソングポストにうってつけの枝先を陣取って捕まえた小さな虫を見せびらかしてくれました。
でも改めて見てみると鳥も背景も茶系なのでなんだか華やかさに欠ける写真ですね(^^;

04c19-02.jpg

少し離れた場所では別の個体とも出逢いました。
まだ縄張り形成までは至ってないようですがこれだけ春が早いと
もう少ししたら川の音に負けない大きな声で囀り始めるかもしれませんね。

それを楽しみに待ちながら・・・
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター