FC2ブログ

観るならやっぱり・・・
  • + 2018-05-31 (Thu) +

明日から6月。
九州や四国が梅雨入りし、当地もだんだんとムシムシとした季節がやってきました。
高温多湿が大の苦手なボクにはツラい季節の到来です(^^;

梅雨前の快晴の天気の下、田んぼの上をヒラヒラと軽快に飛び交う渡り途中に立ち寄った
アジサシの群れを眺めているとチョッと小柄で毛色の違うアジサシが混じっていました。

20e18-03.jpg

黒っぽいお腹に赤黒い嘴が特徴のクロハラアジサシです。
アジサシと同様に春や秋の渡りの時期に当地を通過するときに見掛けることが多いです。

20e18-04.jpg

この5月、当地は記録的な大雨被害を受け大荒れの天気となりましたが、アジサシ達は
そのよう荒天の時に陸地に避難してくることが良くあり、僕が見掛けるときもそのような天候の時が
多いと思います。

20e18-05.jpg

クロハラアジサシは沼アジサシとも呼ばれ内水面の淡水域で観察されることが多く
当地でも真夏の内水面で観察されることもあります。
沼アジサシと呼ばれるアジサシは3種類居るようで、日本ではその全てを観察することが
出来ますが、その中で一番ポピュラーのものがこのクロハラアジサシです。

この時は夏羽で名前の通り”クロハラ”アジサシでしたが秋の冬羽になると
お腹の腹黒さ(笑)は薄くなり特徴が薄まってしまいますので綺麗な夏羽の時に
出逢えてラッキーでした。

これから梅雨時期となりどんよりした日も増えてきますが、やはり空を飛び回る鳥を
観るには晴天の空の下で見るに限るよなぁなんて考えたとある休日の一コマでした。
へばまた(・∀・)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

殺気(撮気)にはご注意を・・・(泣)
  • + 2018-05-28 (Mon) +

あっという間に5月も最終週です。
週末にはもう6月に入り、今年も既に折り返し地点が見えてきました。
相変わらずのんびりとしたペースでの更新でご迷惑おかけしております(^^;

先の大雨の日から数日たった台風一過のような快晴の日、まだ水が引かない田に
なにか鳥たちが避難してきていないか見回っていると、遠くの畔にアオアシシギとハマシギの群れ。

逆光の中、1羽づつ確認していくと一番遠くの畔で足を畳んで嘴も羽の中にしまい込んで完全休憩中の
ハマシギ御一行の中になにやらやたらと赤い個体が混じっていることに気づきました。

太陽も昇ってきて立ち上がる水蒸気で視野はユラユラ&ボケボケのなか、何者か特定しようと
スコープまで引っ張り出して頑張っていると、ひょいと顔を上げたその個体はサルハマシギ(・∀・)!
こうなったら持久戦!!

~途中省略(笑)~

20e18-01.jpg

やはり赤いですねぇ!
快晴逆光なので写真を思いっきり補正してますので不自然なのは目をつむってください(^^;

20e18-02.jpg

じっとしていたら結構近づいてきてくれ、このままいけば画面一杯になるまで来てくれるのでは( ̄▽ ̄)ニヤリ
と欲が出てきた矢先、アオアシシギが何かに驚いて飛び立つたのにつられハマシギ御一行様も大空へ・・・(T_T)
グルグル周囲を旋回し、こちらからは近づけない水没した道の向こう側に行ってしまいました。

大体欲を出すとロクなことがありませんよね。
でも思っただけで飛び立たれるとは・・・とほほ
相当殺気(=撮気?)だっていたのでしょうかネ?

皆様も撮影時は平常心をお忘れなく(^^;
へばまた(T_T)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

荒天の中現れた個体の正体は・・・
  • + 2018-05-24 (Thu) +

先週末の当地は5月としては観測史上最高の降水量を観測し、1級河川の決壊など
大きな被害が発生した週末となりました。
コレをご覧の皆様には被害はございませんでしたでしょうか?

この日は雨もやや小康状態となったところで、いつものフィールドの様子をうかがいに行くと
田畑は浸水し、大きな湖のようになっておりました。

辛うじて水没を免れた田の畔には避難してきたシギチ達や、荒天で飛ばされてきたアジサシ達が
そこかしこに居て、鳥たちにも大きな影響があったことが分かります。

再び強まりだした雨風のなか、普段は見かけることのないアジサシ達を確認していたら・・・
なにか違和感というか気になる個体が1羽・・・

19e18-01.jpg

アジサシによく似ておりますが違和感の原因は何だ?
とマジマジと観察してみると、普通のアジサシは頭が真っ黒なのに
この個体は額が白くなっておりました。

アジサシはそんなに見慣れていないのために、車の奥から図鑑を引っ張り出して調べてみると
どうもお初のコシジロアジサシのようです。

19e18-02.jpg

図鑑によると額の白い部分が特徴的なほかに、次列風切後縁部が黒くなると
書かれており、それを確認しようと粘ってみたら確認しやすい写真が撮れました♪

19e18-03.jpg

でもこのコシジロアジサシ、荒天で疲れているのか少し飛び回ってはすぐに田に降り立ち
休んでいる時間が長かったのが印象的です。

普段は沖合いで生活しているためにあまり観察されることがないアジサシとのことですが
不謹慎ですが今回の荒天のおかげで思わぬ出逢いとなりました。

こういう面白イベントが発生することがあるので、多少天気が悪くてもフィールドに出てしまうんですよね(^^;
ご覧の皆さんもそうじゃありませんか?
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

春のタカの渡り・・・ようやく真打登場!
  • + 2018-05-16 (Wed) +

連休も過ぎても肌寒さを感じる日も多く、寒暖の差が激しくて体調を崩されている方も
いらっしゃいますが皆さまお身体のほうは大丈夫でしょうか?

いつもは連休ごろには夏日があって、フィールドに出ていると暑くてたまらんという日が
あったように感じるのですが、どうも今年は春のエンジンスタートが鈍いようです。

とはいっても鳥たちはやはり季節の進みに併せていつの間にやら顔ぶれが入れ替わっているなぁ
と感じる今日この頃です。

この春もマイペースにタカの渡りを観察しておりましたが、いつの間にやらノスリの渡りも
チラホラとなり、ハイタカ属の渡りもひと段落したこの時期、最後に登場するのか

13e18-02.jpg

真打ち「ハチクマ」でございます。
例年北東北あたりには連休明けごろからチラホラと渡ってきますが、今年もその過去データ通り
つい先日個人的に初認いたしました(・∀・)♪

13e18-01.jpg

この日は風も弱いためハチクマも高度を稼ぐのが難しいのか、低いところを通過する個体が多く
市街地バックのなんとなく渡りっぽい?雰囲気を写真に収めることができました。

13e18-03.jpg

やはり春先一番に渡ってくるハチクマはオスの成長のようでこの日もオスの成鳥ばかりでした。
イの一番に繁殖地にたどり着いて繁殖場所を確保するためなのでしょうかね?

そしてこの後、ハチクマのメスも少し遅れて渡ってくるのですが、実は春の渡りには幼鳥や若鳥はいないらしく
基本的には春の渡りのハチクマは成鳥ばかりということご存知でしたでしょうか?

ただ「らしく・・・」というはまだ確証があるわけではないようで、もしかしたら2年目、3年目の若鳥は
渡ってきていたりするのかもしれません。

謎が多いハチクマの渡り、天気が良い時に皆さんも空を見上げて観察してみてはいかがでしょうか?
もしかしたら世紀の大発見をするかもしれませんよ!
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

この営みがいつまでも続くことを願って・・・
  • + 2018-05-11 (Fri) +

楽しみにしていたゴールデンウィークもあっという間に過ぎ去り
今週あたりは抜け殻になっている方々も多いのではないでしょうか?
かくいうボクも休みボケを引きずっていて仕事がはかどりません(^^;

連休中は諸先輩方からワクワクする情報が入ってきて、長年しっかり見たいと思っていた
鳥にも出逢えたし、個人的にはなかなか満足度の高い連休を過ごすことが出来ました。
皆様ありがとうございましたm(_ _)m

この時期はそういった渡りの鳥たちも沢山見かけますが、同時に繁殖期でもあり様々な鳥たちが
次の世代を残そうと繁殖準備にとりかかております。

04e18-01.jpg

時折通りかかるこちらの山間部の農耕地でもサシバのペアが繁殖に向けての準備に
余念がないようでした。

前に住んでいた青森ではサシバは珍しい存在で、殆ど見かけることがなく、
ましてや繁殖ともなると極めて稀なのが実情です。

当地では山村部にいけばそれなりに見かけるポピュラーな鳥なのですが、僕自身が見慣れていないので
見掛けるとどうしても気になってしまう存在の鳥でもあります(^^;

28d18-01.jpg

当地も桜の時期を過ぎ、サシバの主食であるカエルや蛇たちが活動を始めております。
田んぼや水辺ではカエルの合唱も聞かれ、水辺にはカエルの卵塊を見かけることも増えてきました。

サシバたちにはこれから始まる子育てのためにもしっかり栄養を付けてもらいたいですし、
こういった環境がいつまでも続くよう、もう少し周りの環境のことを気にする人たちが増えたら素晴らしいよなぁ・・・
なんてボンヤリと考えた休みボケのボクなのでありました(笑)
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター