FC2ブログ

ようやく出逢えたのは・・・
  • + 2017-10-21 (Sat) +

急に寒い日が続いておりますが、皆さん体調など崩されてませんでしょうか?
暇があれば空を見上げてタカの渡りを数えてばかりいたのですが、
ふと気づけば小鳥たちなどほかの鳥たちの渡りも本格化してきておりました。

今回ご紹介する鳥も秋になるといつも同じような場所で見かけられる話はあったのですが
ボクが行くときは現れないという謎のジンクスが数年続いておりました(笑)

が、遂に!

20J17-01.jpg

というわけでやっと出逢えたこの鳥はムギマキです。
うっすら眉斑の白い部分があり、おなか全体に橙色がさしていることから
オスの若鳥とお見受けいたします。
初めまして(・∀・)ノ

20J17-02.jpg

よく見ればもう一羽少し離れたところに来てました。
少し色が薄くて尾羽基部の状況から推測するとこのコは♀の若鳥?

時折雨粒が落ちてくるひっそりとした森の中、小さな羽音を立てて
盛んに飛び回っておりました。

20J17-03.jpg

雨脚が強くなってくると暫く姿を消すのですが、よくよく木々の間を
見てみたらまるで雨宿りしているかのようにひっそりと佇む2羽の姿がありました。

台風が近づいてきており、小さな身体の彼らが無事にやり過ごせるのか心配ですが、
僕なんかよりよっぽど厳しい自然環境で生き抜いているんですものネ。
この場所は居心地が良い場所なんだし、ココで栄養を蓄えながら台風をやり過ごして
この後も旅を続けてもらいたいですネ。
へばまた(・∀・)ノシ
スポンサーサイト



テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

馴染みがないもので・・・
  • + 2017-10-03 (Tue) +

ふと気づくと10月を迎えて今年も残り3か月となりました。
ハチクマの渡りのころはまだまだ日差しが強く、暑いくらいだった当地も
最近の朝晩の冷え込みはもう一枚羽織らないとと思わせる気温です。

秋も深まり先陣を切って南下していったハチクマたちも今は一日見ていても
数羽渡れば御の字で、そのほとんどが幼鳥なことからハチクマの渡り終了も間もなくでしょう。

この秋もタカの渡りをメインに観察を続けていたのですが、地元に戻って変わったことは
サシバの渡りが見られることでしょうか。

04i17-01.jpg

青森ではめったに繁殖していないサシバですが、地元の秋田では数はそれほど多くはないものの
繁殖しており、今シーズンも空を見ていると南下していく個体を時々見かけておりました。

そんなことから今まであまりじっくり観察したことのない種のために一目見てすぐに識別がつかず
???となることもたびたびです。

04i17-02.jpg

でも今シーズンは少ないながらもサシバを見ることができたのでしっかりと目に焼き付けたつもりなのですが
もともとの脳の記憶容量が小さいせいで一冬超すとすっかりリセットされてしまっている自信があります(^^;

でもこれからも少しづつ記憶に焼き付けていければ、そのうち自信が持てるようになるかなぁと
お気楽に考えている今日この頃です。

そしてもう少ししたら次の渡りの主役のノスリたちも動き出します。
これから冬に向けてまだまだ楽しみなシーズンが続きそうでワクワクな毎日が続くので
時間が取れる限りフィールドに出ないとなぁと企んでいるところで、、、
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター