FC2ブログ

森に響く音の正体は・・・
  • + 2016-07-28 (Thu) +

西のほうから梅雨明けが進んできておりましたがちょっと足踏み状態のこの頃。
また天気予報に傘マークが並んでいる当地ですが、この天気が過ぎれば梅雨明けに
また一歩近づくのではと期待しています。

さて、ひっそりとした森にいると鳥たちが建てる様々な音を聞くことができます。
コツコツコツ・・・という小さなゆっくりとした音はカラ類が餌を探して樹をつついている音
ココココッ・・・という軽快な音は小さなキツツキのコガラの打撃音
カカカカッ・・・軽いけど森に響き渡る大きな音はアカゲラかな?
ゴゴゴゴゴ!・・・と驚くような大きな力強い音の主はオオアカゲラ

20160702-05.jpg

この時もボーっと森の中でのんびりしていると森の奥からやってきたのは
一羽のオオアカゲラのお嬢さん。
何をするのかとコッソリ観察してみると真剣な顔で木の皮が少し捲れたところを見ています。

20160702-07.jpg

するとガガガガガとすごい勢いでドラミング!
お嬢さん首ムチウチになりませんか?(笑)

20160702-06.jpg

たまたま連射の中に写っていた一枚を見るとドラミング中はしっかり目をつむっているようですね。
やっぱり木くずとかが飛び散るからなんでしょうかね?

20160702-08.jpg

頑張ったおかげで見事何か餌を見つけ出したようです。
よく見ると細い舌がチロリと見えてました。

このように森に居ればキツツキの仲間のたちの気配を色々と感じられるのですが
まだ聞いたことがないのがクマゲラのドラミング。

聞いたことのある方の話だと道路工事のような迫力の音だとのこと
スゴク聞いてみたい・・・(・∀・)!

当地にも生息しているといわれている地域がありますが、そこに行っても出逢ったこともないどころか
気配やドラミング音も聞いたことがありません。

海峡を渡ってお隣に行けば普通に生息しているので、とりあえずどんな音なのか
確認に行ってみるのもよいかもしれませんよね・・・

想像していたらホントに行きたくなってきてしまいそうです(笑)
なんかスゴク楽しみになってきたところで・・・
へばまた(・∀・)ノ
スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

雨との競演?・・・
  • + 2016-07-26 (Tue) +

写真フォルダを整理しながら思い返すと、今シーズンのアカショウビンは
雨に祟られる日が多かったような・・・

特に後半戦は週末になると雨模様・・・
お天気レーダーを見て雨雲がないのに森に入ると雨・・・
我慢しているとやっと雨が止むものの今度は濃霧・・・
となかなかな思うように撮影させてもらえなかったというのが率直な感想です。

20160718-01.jpg

アカショウビンは別名「雨恋鳥」とも呼ばれるらしく雨が好きな鳥と言われております。
確かに餌となるモリアオガエルたちが活発になるのは晴天よりも雨天ですが、
アカショウビンの本音は雨はイヤだなぁ・・・と思っているのかもしれません。
この時も降りしきる雨に打たれながらじっと耐えているような感じでした。

20160718-02.jpg

あまりに雨の日の撮影が多かったので、なんとか「雨とアカショウビン」というイメージで
写真を撮りたかったのですが、腕とセンスがないので中途半端な写真しか残せなかったのが無念です。

とはいっても、そろそろ今年のアカショウビンシーズンも終了です。
それまでに「雨とアカショウビン」というお題でいい写真が撮れればよいのですが・・・
でも、本音はボクもアカショウビンと一緒で晴れのほうがいいんですけどね(笑)
シーズン残り僅かですが目標が達成できるのか、みなさん生暖かく見守っていてくださいネ(^^;
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

親子水入らず・・・
  • + 2016-07-23 (Sat) +

西のほうからは梅雨明けの知らせが徐々に届き始めております。
当地の梅雨明けも例年7月下旬から8月上旬なのでそろそろではと少し期待の今日この頃です。

感覚的には最近は森の中にいるといつも雨に当たっていたことから
当地の降水量は例年並みなのではと思っておりますがドウなのでしょうか?

さて、いつも日の届かぬ森の奥に生息しているので青白くなっているのではと一部心配している
向きの方もおられるようですが(笑)、実はたまには太陽の光が降り注ぐオープンエリア
にも出没しておりました。

先日ちょっと珍しい鳥の噂を聞いてを探して田園地帯を回っていたときのこと、
無事にその鳥と出会うことができたことから(そのうち折を見てご紹介できれば・・・)、
のんびりと水路脇を車で流していたら藪の隙間から見えた水路をボンブラコと
泳いできたのは2羽のカンムリカイツブリ。

20160721-01.jpg

よくよく見ればそのうち1羽の背中に何かがくっついているようなことからカメラを
覗いてみると、お父さん(雌雄同色なのでお母さんかもしれませんが・・・)の背中に乗っていたのは
縞しま模様の御子息でした。

通常は3羽程度の雛がかえるのですが、辺りを見回してもこの1羽しか見当たりません。
でもその分、愛情をいっぱい受けて育っているのか親子で散歩中の雛はすごく楽しそうに見えました。
まだ、見るものすべて珍しくてしょうがない時期なのでしょうね(*^▽^*)

20160721-02.jpg

ものの本によると親子が一緒に過ごす期間は10週間程度、そのうち写真のように親の背中に
載せられて過ごせるのは孵化後2週間程度とのことです。
観察者から見ても親鳥から見てもこの2週間が一番かわいい時期なのではないんですかね(*^∀^*)

初めての鳥に出逢えたほかに、思いもよらず水路脇の藪の隙間からちらっと見えた冠カイツブリ親子の
水入らずの時間に心がほっこりした初夏のある日の出来事でした。
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

アカショウビン雑感・・・
  • + 2016-07-20 (Wed) +

結局、連休中はボクの行くフィールドだけ狙い撃ちのように雨が降り続けました(^^;
レーダーを見ても雨雲などないのにやはり山は天気が違うものですね。
というかボクの普段の行いに何か大きな問題があるような気がしてきました(笑)

さて、今シーズンもアカショウビンたちの生活を覗くために毎週のように森を訪れていますが、
毎回彼らを観察しているとよく止まる枝というのがあることに気づきます。
どれも程よい太さで彼らが止まりやすいようなサイズを選んでいいるように思うのですが・・・

20160709-01.jpg

こちらの止まり木は木というより丸太サイズ。
倒れてから暫く経つのか苔むしていて独特の雰囲気がある倒木です。
あまりこういったサイズに好んで止まることがないのに、なぜかこの倒木はここに顔を出す
複数の個体のお気に入りのようです。
色々と理由を考えているのですが、イマイチはっきりとしません(^^;

20160709-03.jpg

そして、この場所で最近新たな止まり木なってきているのが僕がカメラを構えている場所の隣の枯れ木(笑)
よく見るとお気に入りの止まり木の下にはヤゴの抜け殻がくっついてます。

ヤゴ君は羽化するときにアカショウビンの目に留まらなくてよかったですねぇ
いや、もしかしたら羽化の直後に仕留められてしまったのかも・・・
だからアカショウビンも2匹目のなんとやらを狙ってこの枝に立ち寄るようになったというのは
考えすぎですかね?

20160709-02.jpg

でも、アカショウビンの視線の方向を見ていると2匹目のヤゴを探しているというよりは
周囲の木の葉の裏に隠れているモリアオガエルやセミなどを探しているように思えます。

人間のボクから見ても軽食にしかならなそうなヤゴやセミ、トンボなどの昆虫よりは
カエルやトカゲのほうが栄養価もよいし、腹持ちもよさそうだとおもいます。
なので繁殖期のかれらはおやつのようなヤゴよりはカエルなどを好んで探しているのかもしれませんネ。
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

若者たちよがんばれ!・・・
  • + 2016-07-18 (Mon) +

楽しみにしていた方も多い連休に突入しましたが、当地はなんだか天候に恵まれない日々です。
梅雨時というのもありますが、ここしばらく週末悪天候のターンが続いております。
そろそろすっきり晴れた空のもとフィールドに出たいものですネ。

しかしこの梅雨の時期は夏鳥たちにとっては子育て真っ盛りのシーズン。
そろそろ巣立ちを迎えているヒナたちもあちらこちらで見かけます。

20160702-04.jpg

この日も藪の中からヨロヨロと飛びなれない感じで飛び出してきたのはこちらのオコチャマ。
最初見たときはなんじゃこりゃ???でしたがよくよく見れば親譲りの鮮やかなブルーの風切羽
でオオルリのおこちゃまと判りました。

でもまだまだ上半身はまだら模様でホントに巣立ち間もない感じで、秋に見かけたオオルリ若鳥
と比べればやはりだいぶ幼い感じがしませんか?
これから秋の渡りに備えてどんどん逞しく成長してもらいたいものです。

それにしても今年はアカい方のお子様に出会うことができるのかなぁ・・・
すでに巣立っているところもあるとチラホラ聞こえてきている中、
ちょっと楽しみになってきたところで・・・
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

仲間を見つけたような・・・
  • + 2016-07-13 (Wed) +

ふと気づくと7月も半ばですね。
色々とあれこれ立て込んでいてなかなかまとまった時間パソコンの前に向かう時間がありません。
ご紹介したい写真はアレコレあるのですが、すでに旬を過ぎてしまってお蔵入りのものも・・・(^^;
しばらくはこんな状態が続きそうですが、気長にお待ちください。

20160702-01.jpg

とはいってもやはりこの時期は時間が取れれば出向いてしまうのはいつもの森の中。
この日はちょとのんびり過ごそうと森林浴のつもりで椅子を持ち込んでゆったりと寛いでいたら
彼もいつの間にか向こうの木の枝にチョコンと登場してました。

普段ならちょっと遠い距離だし、わざわざ撮影しないで双眼鏡で眺めているような感じなのですが
なんだか雰囲気の良い場所に佇んでいたので思わず撮影してしまいました。
まるでボクと同じようにちょっと疲れたので一休みといった雰囲気でこのまま小一時間もジッとしていましたよ。

なんだかお疲れ仲間を見つけたような気分になったところで(笑)
ちょっと短いですが・・・
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

いつもとは違う雰囲気に・・・
  • + 2016-07-07 (Thu) +

例年ならとっくに発生している台風が統計開始以来2番目の遅さで先週末に発生しました。
しかし、発生したら発生したでやたらと強烈な台風のようで、この記事を書いている段階で中心気圧は900hPa、
朝には890hPaなんて予想が出ております。
台風が接近する地方の方は身の安全を図りながらお過ごしください。

さて少し前の話ですが、深い森の枝の上にやや大きめの鳥がいることに気付きました。
この時期の森で見かける鳥というとヒタキ類などの小鳥がおおいのですが、このとき枝にとまっていたのは・・・

20160610-02.jpg

お!派手な装いで人目を引くオシドリ♂じゃないですか!
確かに繁殖期は森の中にある小さな池などで子育てをしているので森にいるのは普通なのですが、
それでもいつも見かけるのは水に浮いているか、水辺にいる姿。
このように木の上にいる姿は僕はめったに見かけることがありませんでした。

20160610-03.jpg

しかもよく見たら、少し手前の枝にはシックな装いのオシドリ♀が同じく枝の上におりました。それも2羽!
ということは先ほどのオスとペアになっているわけではないのでしょうか?
もしかしてこの2羽のうちのどちらかをオスが狙っていたりして(^^;

なんて考えていたらメスたちはバタバタとその場から飛び去ってしまいました。
まるで怪しげな男につけられているお姉さんのよう(笑)

20160610-01.jpg

でもあながちボクの与太話も嘘じゃないのかもしれません。
それを証拠にメスたちが飛び去ったすぐ後に先ほどのオスが移動してきましたヨ。
しかもメスたちが飛び去ったほうを盛んに気にしている様子(^^;

ちなみにあまり知られておりませんが、派手派手なオスの装いは繁殖期特有の生殖羽の姿。
それ以外の時期は実はメスと同じシックな装いなんです。

見分けるポイントは嘴の色、メスは黒っぽい嘴ですが、非生殖羽のオスはピンクというか肉色というか
明るめの色をしています。

皆さんもこれからの時期、どこかでオシドリを見かけたらそのあたりを気にしてみてみると
面白いかもしれませんヨ。

今度ボクも見かけたら皆さんにご紹介できるようにちゃんと撮影しておきますネ。
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

決定的瞬間を逃したけれど・・・
  • + 2016-07-05 (Tue) +

この週末は前回記事の予報よりは天気は幾分良かったのですがイマイチ天気に恵まれなかった当地です。
特にアカい方がいるような深い森の中は山の影響も受けて天候が悪いほうに転ぶことが多いもので・・・
ネタを小出しするために(笑)週末撮影の最新写真ではないのですが今回も懲りずにアカショウビンをご紹介(^^;

木々の向こうでコッソリと隠れるように止まっていた一羽のアカショウビン。
ボクに見られていることを知ってか知らずか、お腹を枝にベッタリつけてすっかりリラックスモードです。

20160618-04.jpg

このまま持久戦かと思いきや、アカショウビンの目の前に現れたのは1匹の蝶、クロアゲハかなにかでしょうか?
写真上ではアカショウビンの目線の先、左のやや下にひらひらと登場です。

20160618-05.jpg

突然現れた蝶にアカショウビンの視線がロックオン!
薄暗い中での撮影なのでSSが上がらず嘴の先がぶれちゃってますがそれだけアカショウビンも集中して
蝶をみてるということで・・・

20160618-06.jpg

よし!ここだ!!
と、傍観者ながら飛びかかるならここだろうというタイミングなんですが相変わらずロックオンしているだけ
決定的瞬間を捉えられるかとドキドキしていたのにちょっとがっかりです(^^;

20160618-07.jpg

去る者追わずですっかり興味をなくしたアカショウビン君、顔につけているのはモリアオガエルの卵塊の泡?
もしかして既に大物をたいらげて満腹だったのかな?
そういえば人目につかないところでまったりリラックスモードの時ってだいたい餌を食べた後だったような(^^;
決定的瞬間は残念ながら目撃できませんでしたが、こうやってボクの前でまったりとくつろいでくれたということで
よしということにしておきましょう。
でも、いつかは空中キャッチの瞬間をモノにして見せますよ!と心に誓ったところで・・・
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

見た身によらず気性が荒いのは・・・
  • + 2016-07-01 (Fri) +

今日から7月です。今年も半年を過ぎて折り返し地点を過ぎました(汗)
この週末は久しぶりに休日出社もなく休みがとれそうなのに、天気予報は雨マーク・・・
梅雨時とはいえ週末は天気に恵まれてほしいものです。
でも、仕事の時も晴れていてもらわないと色々と滞るのでちょっと悩ましいところでもあります(^^;

この時も天候がすぐれない中、森の中でアカい方の定点観察をしていると目の前の枝に遊びに来たのは
一羽のキビタキ♂でした。

20160618-02.jpg

そういえばさっきからブンブンと激しい羽音を立てながら近くを飛び回っていたのは君でしたかぁ
時折2羽で追いかけっこをしていたのはやはり縄張り争いなのでしょうか?
そろそろあらかた縄張りも決まって落ち着く頃かと思いましたが、まだまだ気の抜けない日々が
キビタキたちには続いているようですね。

20160618-01.jpg

この時も僕の後ろになにやら侵入者を発見したのか背中の黄色を見せつつ尾羽を広げて侵入者の方向をヒト睨み。
すわバトル開始か?と期待したのですが、相手が飛び去ったのかすぐに通常状態に戻ってしまいました。

それにしてもキビタキって小さくて綺麗な容姿をしているのでおとなしい鳥かと思いきや、結構気性の荒くて
落ち着きのない鳥だと思いませんか?
もっとおしとやかにしていれば撮りやすくていいのになぁ、と思うのはボクだけでしょうか?
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター