FC2ブログ

顔馴染みさんとのご挨拶・・・
  • + 2016-06-28 (Tue) +

この週末はフィールドには出られませんでした。
仕事+天候不良+大きなイベントで町中大混雑だったりと色々と重なってのお休みです。
たぶん休日に家にいたのはかなり久しぶりなような気もします(^^;

そんな訳で溜まりにたまった家の用事を片づけつつ、撮りためたデータひっくり返しての投稿です。
とはいってもこの時期は自動的にこちらの方がメインとなるのですが・・・

20160612-05.jpg

このコは、去年いろいろなシーンを見せてくれた馴染みの個体(と勝手にボクは思っているのですが・・・)
結構愛嬌のある個体で、機嫌が良いとすぐそばまで遊びに来てくれたりします。

20160612-03.jpg

この時も時折声が聞こえるもののなかなか姿を現さないので諦めて帰る準備をしていたのですが
ふと振り返ると目の前でボクのことを観察しておりました(笑)
やぁ、やっと遊びに来てくれたね(^▽^)ノシ

距離にしたら5mくらいでしょうか?もちろんこの写真はノートリです。
しかしすでにあたりが薄暗くなってきた夕刻、撮影データを見るとSS1/6秒!
こうなってくるとチョットの風やアカショウビンの動きでぶれてしまうのですが、よほどボクに興味があったのか?
じっとしてくれていたおかげでその姿を写真に収めることができました。

20160612-04.jpg

そしてお互いににらめっこすること数十秒・・・
僕に飽きたのか、はたまたなにか餌を見つけたのか、突如体勢を変えてある一点を凝視。
こうなるともうボクのことなんか眼中なし、微動だにせず気になる方向を見つめています。
この時は飛び出していったものの餌は獲れなかったようでそのまま森の奥に消えていきました。

姿が見えないときは何としても姿を見せないのに、このように無邪気に人の目の前に現れたりと、
ホントにアカショウビンは神出鬼没の気分屋ですよね。
でも、そんなところが夢中になる要因の一つなんだと思うのですが皆さんはドウおもいますか?
へばまた(・∀・)ノ
スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

近況報告(^^; ・・・
  • + 2016-06-26 (Sun) +

ご無沙汰しております(汗)
チョットというか結構立て込んでおりまして、すっかりご無沙汰してしまって申し訳ございません。
少しはネタのストックがありますので小出しにご紹介ということでご勘弁ください(>_<)

先日、林の中でとある鳥を探していたら、木々の奥にとまっているのが目に入ったのはこちらのお方。

20160604-01.jpg

トケン類の識別は難しくて全く自信ないですが(^^;
たぶんツツドリじゃないかと・・・ もし間違っていたらご指摘願います。
しかもちょっと珍しい赤色型、ガンダム世代の僕は赤いというだけで3倍スゴイと刷り込まれてます(笑)

赤いといえば、心の恋人アカショウビンにも暫く逢いに行けてません。
そろそろ抱卵時期に入っていると思いますし、僕も立て込んでいて時間が取れないので
寂しいですが少しの間そっとしておいてあげようかと・・・

でも、スケジュールが落ち着いたら必ず遭いに行くつもりなのでお楽しみに!
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

思いのほか生活設計がしっかり?・・・
  • + 2016-06-16 (Thu) +

遂に当地も入梅宣言がありました。おおよそ平年並みの梅雨入りのようですね。
これから約ひと月半ほどは不快指数が高い日が続きます。
ご覧の皆さんも高温多湿だったと思えば急に冷える日があったりするので体調管理にはお気を付けください。

そんな人間にとっては過ごしづらい梅雨ですが、こちらの方々は餌がドンドンとやってくるお祭り状態!
子育てには最適な時期がやってきました。

20160612-02.jpg

アカショウビンたちのこの時期のごちそうは産卵を迎えて続々と水辺に集まってくるモリアオガエルたち。
なにせ黙って待っていればドンドンと向こうから集まってきてくれます。

渡来初期のころ苦労して取っていた虫なんかよりよほど栄養価は高いと思いますので、
これから産卵、子育てを控えいくらでも栄養をつけないといけない彼らたちには最高のごちそうです。

20160612-01.jpg

もう一雨くればモリアオガエルたちはもっと終結して池のそばの木に卵を産み付けることでしょう。
また、早くに産卵した卵からはオタマジャクシが孵るのももうすぐです。
コレはこれから生まれてくるアカショウビンの雛たちには最高のごちそうに・・・

アカショウビンたちもそれが分かっているのか見ていると卵を産む少数の♀カエルではなく、
メスにワラワラと群がる♂ガエルを主に捕らえているように見えます。
もしかして彼らも先のことを考えてカエルを捕っているのでしょうかね?

なんだか僕なんかよりよっぽど生活設計がしっかりしている感じにちょっとビックリしたところで(笑)
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

モグラたたきのからくりが丸見え・・・
  • + 2016-06-13 (Mon) +

日中はだいぶ暑くなってきておりますが、やはり夜になるとまだ少し寒さを感じる当地です。
なんだかシロエリオオハム夏羽が思いのほか好評(?)につきもう一回登場です(笑)

僕が見てるそばまで近づいてきた夏羽シロエリオオハムですが、潜水を繰り返しいるところを見ると
どうやら餌をとっているようです。

20160521-11.jpg

一回潜るとドコに浮上するかわからないまるでもぐらたたきのような気分でカメラを振り回していたのですが
エサ取りに夢中なのかますます僕のほうに近寄ってきました。
しかもよくよく見れば・・・

20160521-09.jpg

水面の光の反射角を超えたからなのか、水面直下を泳いでいるシーンが丸見えです!(笑)
足元をスイスイと縦横無尽に泳ぎ回っております。
初めて見るシーンでしたが、ホントにかなりのスピード&小回り自由自在な感じでした。

20160521-10.jpg

見づらいながらも水面下の動きを追いかけていると、時折パッと口が開いた!と思った時には
ご覧のように小魚を咥えております。
たぶん、ボラのコッコだと思いますが、上手に何度も餌をとっておりました。

20160521-12.jpg

そしてついにはエサ取りに夢中になり過ぎて、僕の足元に浮上!
ちょっと想定外の近さにビックリしたのですが、相手もだいぶ驚いたようです(笑)

たぶん今回はちょうど僕が構えた位置のすぐそばに大型台船が係留されており、
その下が日陰となって小魚たちが集まっていたことから、こんな近くにまで寄ってくれたのかも

今回の出逢いは、いつかは見たかった鳥に出逢えただけでなく、貴重な水中でのエサ取りシーンまで???
見せてくれてホント感動のひと時でした。
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

恋の季節は最終段階・・・
  • + 2016-06-09 (Thu) +

週間天気予報を見ていると徐々に傘マークがみられるようになってきている当地です。
関東ではダムの貯水率が低くて渇水が問題となってきているようです。

アカショウビンが暮らすこの森も以上に早く訪れた春の影響か、森の中にある池の渇水状態が著しいです。
このままではアカショウビンの主食?のモリアオガエルたちも困ってしまうのではと心配になります。

20160605-03.jpg

いつもは色々とk状況を見てから腰を据えてアカショウビンと向き合うスタイルなのですが、
今回はちょっと考えるところもあって森の中を歩きながら手持ちスタイルで狙ってみることに・・・

いろいろと歩き回って、結局で出逢えたのはいつもの場所のすぐ近く(^^;
ちょっと高い場所にとまって一休みしているところにうまく遭遇できました。
でも、あっという間にアカショウビンは森の中に・・・

やっぱり森の中を徘徊しながらの撮影スタイルは僕には向かないようなので、結局は三脚を出して
腰を据えて狙うことにしました(^^;

20160605-01.jpg

その後しばらく気配を消していると思ったら、突然かなり近くで大きな声で鳴いてからこの場所では
定番の枝に現れていろいろな表情を見せてくれました。
同じ枝でもいつもカメラを構える場所を変えると写真の雰囲気が変わってなかなか良いものですね(^▽^)

20160605-02.jpg

このときは遠くにペアで現れ、オスだけが先にやってきてメスを呼ぶために大きな声で鳴いておりました。
でも結局メスが来てくれないようで、しびれを切らしたオスは再びメスを迎えに木々の生い茂る中に
消えていきました。
なかなかアカショウビンのオスは優しいようですネ。

こう見ているとそろそろ番も決まってきているようなので、もう少しで彼らの子育てシーズンが始まります。
今はその前の恋の季節の最終段階。この森のアカショウビンたちがあぶれることなくみんなカップルに
なれることを願って・・・
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

目の前に現れたのはいつか見たいと思っていた方・・・
  • + 2016-06-07 (Tue) +

寒い寒いといっていたらすでに南のほうでは梅雨入りしたとのこと。
当地も例年ではあと1週間もすれば梅雨入りとなります。
暫くはうっとうしい天気が続くことになりますが、なんとか天候のすきを見てフィールド巡りをしたいと企んでます。

さて前回もったいぶって引き延ばした続きですが・・・(^^;
大ヒントが出ていたので大概の方は察しがついてたと思いますが、後ろを横切った相手の正体はこちらです。

20160521-07.jpg

そう、前から一度は見てみたいと願っていたシロエリオオハムの夏羽です!
これには久しぶりに心臓バクバクでシャッター押すときに緊張してしまいました(^^;
この感覚、何度体験してもうれしさとと緊張が入り混じる不思議で幸せな感覚です(笑)

図鑑写真でもすごい色彩だと思ってましたが、実物を前にすると冬羽のシックさからは想像もつかない姿です。
興味がない人だと同じ鳥とは思えないでしょうね(^^;

20160521-08.jpg

こちらのシロエリオオハムも時折潜水を繰り返しているうちに僕のことを安全だと判断してくれたのか、
はたまた最初から気にもしてないのか、かなり近くに浮上してくれました。

じっくり見てみると前頸の光沢感のある紫色が光の当たる角度によっては緑色にも見えます。
そして絶対に触り心地のよいベルベットのような灰色の頭部、スゴク撫でてみたいです(^^;

20160521-06.jpg

しばらく冬羽のお仲間と一緒に行動しておりましたが、飽きた?のかちょっと遠くにお出かけのようです。
これまた航路探鳥でアビ目の飛翔を遠くから見たことは有りましたが、間近で頭上を飛んでいくシーンを
見ることができてこれまた大感激でした。

類似種のオオハムとの識別点では嘴の長さ頭の形が違うとよく書かれておりますが、それと同様に有効なのは
前回もご紹介した喉の黒い帯(chinstrap)と下尾筒にもある黒い線(ventstrap)とのこと。
chinstrapは夏羽では全部黒くなってしまっていて区別がつきませんが、ventstrapは夏羽でもしっかり
特徴として残っております。
これは水面に浮いているときはなかなか見れませんが、このように真上を飛んでくれれば一目瞭然です。

ということでこの個体はシロエリオオハムの夏羽で間違いない!ということが判明です。
ていうかその前に一緒にいるお仲間がシロエリオオハムなんだからその時点でわかるだろという
突っ込みはこの際聞こえないふりをしておきます。
ちょっと図鑑を読んで得た知識をひけらかしたかっただけけですから(笑)

ということでいつかは見たいと思っていた鳥とのまさかの出逢いでハイテンションになってしまったところで・・・
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

目の前に浮上したものの正体は・・・
  • + 2016-06-04 (Sat) +

なんだか北海道では雪が降ったなんて言うニュースが流れたほど北日本は寒波の来襲を受けています。
今年は暑いと散々ニュースが流れていたのに、なぜにこの時期になってこんな寒波がやってきているのでしょか?
やはり地球のどこかがおかしくなってきているんですかね??

とはいってももう少ししたら夏がやってきます。
暑くなるのか、寒くなるのかわかりませんが、やはり夏がやってくると聞くとワクワクしてきますよネ。

そんな夏気分を先取りして?先日海辺を訪れてみたら、離れたところにぷかぷか浮かぶ謎の影が・・・
カモなどより全然大きいし、ウにしては立派な体格というのが気になって近くに見えるところまで移動してみました。

でも、どこかに移動してしまったのか見当たらないと思ってきょろきょろと双眼鏡で探していたら・・・
すぐ目の前にポコンと登場~
び、びっくりしたΣ(@_@)!

20160521-03.jpg

突如現れたのはシロエリオオハムでした。
よく見れば首筋にうっすらと夏羽のような縞模様が見えてきています。

20160521-04.jpg

さすがに向こうも浮上したら目の目にボクがいてびっくりしたのか、それとなく離れていくのはお約束の行動です(^^;
それでもいつも見ている距離に比べれば異常に近い距離で見れるので、本種の識別ポイントである喉元の
黒い帯(chinstrap)がよくわかります。

それにしても、これだけ近くで見れればもう大満足!と夢中になってファインダーを覗いていたら・・・

20160521-05.jpg

ん?
んん??
んんん??!

何者かが横切ったぞ?
も、もしや?!?!




・・・と、ネタも切れてきているので(^^;
チョットもったいぶって引っ張らせてもらおうと企んだところで・・・(笑)
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

素敵な舞台に立てばどんな鳥だって・・・
  • + 2016-06-02 (Thu) +

寒い!寒いです!!
6月に突入したとたん、当地はなぜか急激に寒くなってきたような?
なにやらネットでは最強寒波が襲来などと騒がれ始めておりますが、
鳥たちは今はまさに繁殖期、影響がないとよいのですが・・・

この時期に繁殖する鳥として僕の大好きなアカショウビンもその仲間なのですが、
先日もそんな彼らとの出逢いを深い森の中で待っていました。

日の光が射し込まない肌寒いような森の中で、僕がカメラを構えた目の前だけにちょうど木漏れ日が差し込む
まるで舞台のような枝が張り出してました。

こんなところにアカショウビンが止まってくれたらすごく雰囲気もいいよなぁ・・・
と、一人妄想してニタニタしているとサッと現れてその枝にとまった鳥が!
デター!!!

20160521-01.jpg

あれ?赤くないよ??(笑)
妄想が過ぎてこの枝にとまるのはアカショウビンだと決めつけていたので、まさかのヒヨドリ君の登場に
ちょっと頭がついていきませんでした(^^;

でもボクが睨んでいた通りちょうど木漏れ日が差し込んで目にキャッチライトも入り、背景の緑がモデルさんを
浮かび上がらせてくれて、見慣れたヒヨドリがすごく素敵に見えませんか?

20160521-02.jpg

たぶん普段はカメラを向けられることなどあまりないヒヨドリは舞台に上がってみたものの
僕に熱心に撮影されて恥ずかしくなったのか、早々に舞台を後に森の奥へ消えていきました・・・(^^;

今回の収穫はこうやって素敵な舞台を見つけられれば普段は身近過ぎてあまり見向きもしなかった鳥が
すごく素敵に見えるということが分かったことです。

とはいえやっぱりこの枝にはやっぱりアカショウビンにとまってもらいたかったんだよなぁ・・・
とホンネは未練タラタラなぼくなのでありました。
へばまた(・∀・)ノ


あっ、ちなみにこの日もちゃんと夕方にアカショウビンとは出逢えてはいるのですが、
こんな素敵な舞台に登場してくれたヒヨドリを撮影してどうも満足してしまったようで、
シャッターも切らずにその姿を目に焼き付けただけで森をあとにしたというオチがついたところで・・・
もう一度(笑)
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター