FC2ブログ

どうしてそんな思いをしてまで?・・・
  • + 2016-05-13 (Fri) +

連休が終わると同時に桜のシーズンも終わりを迎え、葉桜となって若緑の葉が芽吹いている当地です。
この時期にタカの渡りを眺めに行く岬も数日のあいだ間をあけるだけですっかり草木が芽吹いて景色が
違って見えます。
そして様々な鳥たちがそんな春の雰囲気に急かされるようにドンドンと渡ってく姿も見ることができます。

20160423-01.jpg

僕もここを訪れるまでは知らなかったのですが、キツツキの仲間のアカゲラ達も実は渡りをするんです。
すべての個体ではないのですが、図鑑を見れば留鳥(年中その場にとどまっている鳥)と書かれていることが
多いアカゲラも春と秋にこの場所で空を見ていると黒白赤の目を引く姿で通過していくところを見ることができます。

20160423-04.jpg

そしてタイミングが良い日に当たると、そこら中にアカゲラが飛び回っているような日もあるんです。
春ならこれからの渡りに備えて最後の腹ごしらえに余念がないといった感じでしょうか?

20160423-02.jpg

そんな腹ごしらえに余念がないように見えるアカゲラですが、突然身構えて空を見上げることがあります。
そんな時は大体、何か猛禽(特にオオタカやハイタカなど)が上空を通過していく姿が・・・

20160423-05.jpg

オオタカやハイタカなどの猛禽は渡りの最中でも餌となる小鳥を見つければ即座に襲い掛かってきます。
だからアカゲラ達も渡りは真剣勝負、気を抜いてのんびりエサなど食べてはいられないんです。

20160423-03.jpg

正面顔を見ると髭の生えたオヤジのような顔をしているアカゲラさん(このコは♀なのですが・・・(^^; )に
仲間の大半が留鳥として生活しているのに、キミ達はどうしてそんな怖い思いをしてまで渡りをするのかい?
と、いつか聞ける日が来ると面白いだろうなぁなんて思ったところで・・・
へばまた(・∀・)ノ

スポンサーサイト



テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター