FC2ブログ

まさか当地で出逢えるとは・・・
  • + 2016-05-31 (Tue) +

日に日に気温が高くなってきてどことなく夏の気配も感じられるようになってきた当地です。
山では様々な鳥たちが巣作り、子育てに忙しそうです。

さて少し前の話なのですが、当ブログの読者の方からの情報と、ネットの片隅に出ていたとある情報が
ほぼ同時に飛び込んできました。
内容は当地にブッポウソウが飛来しているとのこと!

この鳥に関しては地元で何度か捜索してみたものの気配すら感じられずに毎度退散していたので、
今度こそとの思いから緊急出動してみました。

大まかな情報からあたりをつけて現地に行ってみたところ見当たらず、すでに抜けてしまったのかと
思っていたら、視界の隅を横切る影が・・・

20160517-01.jpg

その影を視線の中心に持ってくると鮮やかな赤いくちばしに青と緑のボディ、まぎれもないブッポウソウです!
初めまして(・∀・)ノ

20160517-02.jpg

とりあえず証拠写真を押さえることができたので、じわりじわりと間合いを詰めてみたらほとんど止まり木の
真下まで来れてしまいました(^^;

しかし、双眼鏡で見ればその鮮やかな色使いをしっかりとみることができるのですが、空抜け逆光という
悪条件のため写真に撮ってみると見事に真っ黒な画しか撮れません。

なんとか空抜けにならないよう背景に林が入るような位置がないかと探したのですが、絶妙に空抜けか
手前の枝などで前被りになるかのどちらかで、なかなか良い場所が見つかりません。

20160517-03.jpg

そうこうしていると僕の動きが気になったのか、はたまた何やら餌となる虫でも見つけたのか、
僕の頭上をフワフワと飛び回り始めました。

思いのほか翼のサイズが大きいうえに翼の白斑が目立って飛ぶ姿はスゴく綺麗です。
でも、残念ながら写真に抑えられたのは真上を通過時の真っ黒写真(T_T)
いや、この写真は決して失敗ではないんです(笑)
翼の白斑が印象的な写真を撮りたかったんだと強がりを言っておきます(笑)
#ホントは林をバックにした飛翔写真が撮りたかったのに・・・

20160517-04.jpg

ひとしきりフワフワと周囲を飛び交ったのちに、すぐそばの電線にとまったブッポウソウ。
電線どまりがチョット残念ですが、やっとしっかりとその美しい体の色を撮ることができました。
単純に緑と青の色ではなくどことなく金属光沢のような色合いはいつまで見ていても飽きない感じです。

ただ、この最後の写真を見てもらうとわかるのですが下腹部~尾羽の汚れが目立ちませんか?
なんとなく泥汚れなどではなく下痢による汚れのように見えます。

ふつう元気な鳥はこのように体を汚しっぱなしにはしないはず。
もしかしたらどこか調子が悪いのかもしれません・・・

ふだんなら通過していってしまうところを体調不良のために一時的に立ち寄ったのでしょうか?
ゆっくり養生してから旅を続けてもらいたいのですが、この後すぐに姿が見当たらなくなっているようです。
無事に旅立てたのか、それともまだどこかでひっそりと養生を続けているのか、はたまた・・・
きっと元気に回復して旅を続けているのだろうと思っております。

今回は思わぬところから情報が入ってきて、いつかは見たかった鳥に出会うことができました。
当地ではブッポウソウが飛来してくること自体がかなり稀なので、今回無事に出会えることできて
ホント感謝です。

さて、この調子で次はどんな出会いが僕を待っていてくれているのでしょうか???
気になってしまって仕事が手につかなくなってしまいそうなことは内緒にしておいて(笑)
へばまた(・∀・)ノ

スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

最小のタカはどこに行く・・・
  • + 2016-05-28 (Sat) +

暫く好天が続き初夏のような暑さが続いた当地ですが、来週からはぐずついた日が続くような予報です。
ちょっと天気が良すぎたので草木や動物たちにとって恵みの雨となればよいですね。

前回ご紹介したハチクマの渡りと前後して岬を通過していったのはツミの団体さん。
団体さんとはいっても、ひと塊ではなくて三々五々渡って行ったのではありますが(^^;
大きさは鳩より小さい、日本で一番小さなタカの仲間です。

20160508-08.jpg

小さな体で強めの風が吹き付ける岬の上空をびゅんびゅん通過していきます。
胸がうっすらとオレンジ色になり、目の色が赤いものがオスの成鳥なのですが、被写体の動きが早いうえ
風に煽られて予想外の動きを見せるのと、ボク自身も強風に煽られてふらつく為にどれもブレがひどい状況です(笑)

20160508-10.jpg

こちらの個体はメスの成鳥。
オスとは違って下面に横斑があって黄色いデッカイ目が特徴です。
ホントはばっと翼を大きく広げた格好が絵になりますが、風が強いためにタカたちも翼をすぼめて
風を切り裂くように進んでいきます。

20160508-09.jpg

こちらの雄は渡りを前にどこかで食事をしてきたんでしょうか?素嚢をパンパンに膨らませて飛んできました。
写真的にはちょっと不格好になるのですが、これも命がけで渡りを行っている姿だと思えば応援したくなります。
やはり体が重いのかちょっとほかのタカよりも低いところを通過していきました(笑)

ここのところの好天続きでタカたちもドンドンと渡っていったことだとおもいます。
もうしばらくはのんびり屋のタカたちがポツリポツリと渡っていくと思いますが、これから秋の渡りまで少しの間
岬の空も静かになります。
それではまた秋の渡りが始まるまで・・・
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

渡りのトリを飾るのは・・・
  • + 2016-05-26 (Thu) +

冒頭からスミマセンm(_ _)m、色々と立て込んでしまってブログ放置状態となってしまってました。
さて、ブログを放置していたとはいえ鳥たちのストックはありますので少しづつご紹介していければと・・・

早春から続いていた岬でのタカの渡りもそろそろ終盤です。
海ワシの渡りから始まり、ノスリやオオタカ、ハイタカ、ツミと季節が進んでいくごとに通過していく鷹たちの
顔ぶれも変わっていきます。
そんな渡りの最後のトリを飾るのはハチクマたちになるのではないでしょうか?

20160516-03.jpg

この日も朝からノスリやツミがポツリポツリと暇を持て余すようなペースで飛んできていたのですが、
午後になってからは状況が一変。

ハチクマたちがどんどんと青空の中から現れてきました。
あそこに1羽、その後ろに3羽、いや5羽、あっちにも2羽、いやいっぱい居た(笑)、という風にどんどんと現れます。
でも、なかなか岬の近くには現れず、双眼鏡やスコープで数える感じで肉眼ではちょっと物足りない感じ・・・

20160516-01.jpg

やっと岬近くを飛んでくれたのはオスの中間型成鳥。
ちょっと雲が広がってしまった時で真っ白な背景になってしまいましたが結構近くを通過していってくれました。
やっぱりカッコイイなぁ~(・∀・)!

全体的に見ればはるか上空や離れたところを通過していく個体が多くやや迫力には欠ける状況でしたが
次々と渡っていくハチクマたちの渡りを見ているホント純粋にすごいなぁと夢中になってしまいます。

20160516-04.jpg

岬のはるか沖にちょうどよいサーマルがあるのか、ハチクマたちが集まってちょっとしたタカ柱ができておりました。
柱と呼ぶにはちょっと数が足りない感じですが、渡り観察のベテランの皆さんいわく何十というタカたちで構成される
タカ柱はそれはすごい光景だといいます。

いつかは僕もそんな光景を見たいと思ってシーズンになるとこの場所に足を運んでしまうんです。
もしそんな光景を写真に収められたら早速ここでご紹介いたしますね!
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

個性的な顔つきだけどオシャレだよね・・・
  • + 2016-05-20 (Fri) +

5月も半ばとなって当地は一番過ごしやすい季節となってきました。
この時期は天候が安定する時期でここ最近は晴天の日が続いております。

さて、先日いつも訪れる場所を徘徊してた時に出会ったのはデッカイ黄色い嘴がトレードマークのこちらのお方

20160508-05.jpg

当地では夏鳥として分類されてますが、僕自身は殆ど真夏に出会ったことはありません。
まぁ、葉が生い茂ってしまうと見つけづらいというのもあるのでしょうけど、よく見かけるのは
春先から今くらいの時期です。

どちらかというと警戒心が強い鳥のような気がするのですが、今回は珍しく明るく開けたところで
しかも目の前まで近づいてもどっしりと構えていて出血大サービスでした。

20160508-07.jpg

しかし見れば見るほど個性的な顔つきをした鳥ですよねぇ
なんだかこの写真を見るとカッコつけたような目つきをしてるんですが、やはり一番最初にデカい嘴に
目が行ってしまうのはどうしようもないです(笑)
ちなみに嘴の基部がうっすら緑色なのが夏羽なんだそうです。

20160508-06.jpg

おかしな顔だなんて思っているのがバレてしまったのかオッカナイ顔でこちらをガン見されてしまいました。
大きなくちばしと相まってなかなか迫力のある正面顔だと思いませんか?(^^;

おかしな顔とは言っても僕は君たちの姿は結構おしゃれだと思いますよ。
でも、そのおっかない顔はもう少し何とかしたほうが良いと思うけどネ。
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

やっと出逢えた鳥の名は・・・
  • + 2016-05-18 (Wed) +

この時期はアッチもコッチも見に行きたいところがあって体が三つくらいほしくなる季節です。
それ以外にもたまには釣りにも行きたいなとも思っているし、溜まった仕事もやっつけたいし・・・
やはり全部で5体くらいは欲しい感じです(笑)

さて、当ブログをご覧の皆さんもこの鳥は見てみたい!という鳥があると思います。
もちろんボクもたくさんあるのですが、その中のひとつが「サンショウクイ」です。

これはリアルでお付き合いがある人たちの中にはそうそう(笑)という方もいると思いますが、
これまでも僕が到着したらさっきまで居たよとか、ちょっと僕がその場を離れたスキに出たよと
なんだか惜しいところまで近づけているのになかなかご縁がない鳥でした。

が、遂にご対面できました!(祝)

20160508-03.jpg

そろそろ引き揚げようかと機材を片づけていたら一緒にいた人が「あっ、あれ!」と慌てて構えたカメラの
前方にいたのはハクセキレイ!と思いきや、まさかのサンショウクイです!!

で・で・で・でた~! あわわわ!!
こういう時に慌ててしまい、カメラの操作がおぼつかなくなるところがまだまだ初心者丸出しですね。

パッと見はセキレイのようですが顔つきを見れば全然違いますネ。
そしてこのおでこの白さがオスの特徴です。
すぐそばにメスも一緒にいたのですが、慌ててしまって撮るのをすっかり失念しておりました(^^;
ちなみにメスはここまでおでこは白くなく、頭も黒ではなくて灰色となります。

20160508-02.jpg

せっかくわかりやすい横顔になったのに、ちょうど手前の枝が邪魔をしていて普通の鳥なら完全ボツ写真。
でも、お初の鳥に出会えた喜びから恥ずかしげもなくブログに採用してみました(笑)

聞いてみれば「ヒリヒリヒリ・・・」という鳴き声に最初反応して見つけたようです。
僕には絶対聞こえない音域なので今回は一緒にいた方々に大感謝です!

20160508-01.jpg

せっかくこの地で出会ったのだからもっとゆっくりしていってくれればよいものの、結局数コマ撮影しただけで
2羽のカップルは飛び去ってしましました。
あぁぁホントにメスも撮っておきたかったなぁ・・・(T_T)

初めて出逢えたサンショウクイですが、止まっている姿がモノトーンで美しいのですが、
ご覧のように飛んでいる姿も綺麗です。翼の模様もシンプルだけとカッコイイと思いませんか?

20160508-04.jpg

唯一オスとメスをペアで写せたのはだいぶ僕がいる場所から離れてしまってから・・・
この写真だとわかりづらいですが、上の個体は額が殆ど白くないので♀、下は黒い頭に白いおでこが
特徴的な♂個体だと思います。

いつかは見たかった鳥にせっかく会えたのに、僕の前での彼らの滞在時間は1分もなかったような気もします。
今回は出逢えてすごいうれしいんだけど、次回はもう少しゆっくりとそのシンプルで美しい姿を
見せてもらいたいものデス。
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

一年ぶりのご無沙汰です!・・・
  • + 2016-05-15 (Sun) +

毎日の温度差が大きくて最高気温が27度の夏日かと思ったら、最低気温が一ケタになったりと
目まぐるしいですが、皆さん体調は崩されてませんでしょうか?

このように暖かい日がやってくると俄然気になってくるのが森の赤い忍者です。
様子見がてら尋ねてみたらなんと、森に到着早々再会してしまいました(汗)

20160514-01.jpg

あけましておめでとうございます(・∀・)!
まだ薄暗い森の中を独りで待っていたら、ノドが本調子じゃないのか尻切れトンボで「キョロロ」・・・
この時期って鳴き声はするものの姿は見えずというのがよくあるので、あまり期待せずに構えていたら
突如現れたのはすぐ近く(^^;

最初からずいぶんサービス満点だねぇ(笑)
なんて余裕こいていたらあっという間に森の中に雲隠れ。
もしかして僕にあいさつしに来てくれたんでしょうかネ?

20160514-02.jpg

その後、日も高くなってから再び音もなく目の前に現れて、珍しく太陽の下で一年ぶりのその姿を
存分にボクに見せつけてから、カエルを1匹捕まえて再び森の奥に帰っていきました。

今日はもう再会できただけで満足です。
シーズン早々これ以上求めたら罰が当たるということでアカショウビンに感謝しながら森を後にした
ボクなのでありました。

また忙しいシーズンがやってきたようです(嬉)
今シーズンもお楽しみに~
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

どうしてそんな思いをしてまで?・・・
  • + 2016-05-13 (Fri) +

連休が終わると同時に桜のシーズンも終わりを迎え、葉桜となって若緑の葉が芽吹いている当地です。
この時期にタカの渡りを眺めに行く岬も数日のあいだ間をあけるだけですっかり草木が芽吹いて景色が
違って見えます。
そして様々な鳥たちがそんな春の雰囲気に急かされるようにドンドンと渡ってく姿も見ることができます。

20160423-01.jpg

僕もここを訪れるまでは知らなかったのですが、キツツキの仲間のアカゲラ達も実は渡りをするんです。
すべての個体ではないのですが、図鑑を見れば留鳥(年中その場にとどまっている鳥)と書かれていることが
多いアカゲラも春と秋にこの場所で空を見ていると黒白赤の目を引く姿で通過していくところを見ることができます。

20160423-04.jpg

そしてタイミングが良い日に当たると、そこら中にアカゲラが飛び回っているような日もあるんです。
春ならこれからの渡りに備えて最後の腹ごしらえに余念がないといった感じでしょうか?

20160423-02.jpg

そんな腹ごしらえに余念がないように見えるアカゲラですが、突然身構えて空を見上げることがあります。
そんな時は大体、何か猛禽(特にオオタカやハイタカなど)が上空を通過していく姿が・・・

20160423-05.jpg

オオタカやハイタカなどの猛禽は渡りの最中でも餌となる小鳥を見つければ即座に襲い掛かってきます。
だからアカゲラ達も渡りは真剣勝負、気を抜いてのんびりエサなど食べてはいられないんです。

20160423-03.jpg

正面顔を見ると髭の生えたオヤジのような顔をしているアカゲラさん(このコは♀なのですが・・・(^^; )に
仲間の大半が留鳥として生活しているのに、キミ達はどうしてそんな怖い思いをしてまで渡りをするのかい?
と、いつか聞ける日が来ると面白いだろうなぁなんて思ったところで・・・
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

もう一つの幸せの青い鳥?・・・
  • + 2016-05-11 (Wed) +

連休・・・終わっちゃいましたね・・・
すっかり腑抜けとなっております。
どれくらい腑抜けかというと、ブログの更新を忘れちゃったくらいの重症でした(^^;
もし楽しみにしていた方がいらっしゃいましたらスミマセンでしたm(_ _)m

ぜんかい、幸せの青い鳥?であるオオルリをご紹介いたしましたが、青い鳥つながりで
今回は先日出会ったイソヒヨドリ君に登場いただきます。

20160428-04.jpg

鳥見人にはいまいち人気がないように思えるイソヒヨドリ君が針のように細い雨が降る中、
浜辺の枝に佇んでおりました。

イソヒヨドリと言いながら磯だけではなく、最近では都市部にまで生息域を広げているなかなか開拓精神がある
鳥のようです。

20160428-05.jpg

おかげで逆にあまり鳥に興味がない方々が姿を見かけると、雄の青い背中に橙赤色のおなかという目を引く姿から
「あれは何という鳥だ?」とか「幸せの青い鳥を見つけた!」などという話がよく出てくる鳥でもあります。
また、僕には聞こえないのですがきれいな鳴き声ということも人目を惹く要因のようです。

でも、そんな難しい顔して睨み付けていたらせっかくのファンが減っちゃうんじゃないですかね?
イソヒヨドリ君、もっと笑顔の練習をしてみましょう!(笑)
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

やっぱり花より団子だよね・・・
  • + 2016-05-08 (Sun) +

連休からの続きで相変わらず雨が降っているか、強風が吹き荒れているか、どちらかの当地です。
一日くらいは休みの日に穏やかに晴れた日になってくれないものなのでしょうか。
そして平日になると好天に恵まれて臍を噛むサンデーバーダーさんも多いのでは?
もちろん僕もその中の一人なんですけどネ(^^;

前回、夏鳥主役級のキビタキを紹介したからにはもう一つの雄であるオオルリも紹介しないわけにはいきません。
うちから近所の公園に桜の木があり、花も見頃ということでちょっとの時間だけですが花見に出かけてみました。
朝の散歩がてらカメラ片手にぶらぶらしていると、少し先の桜の木から小鳥が地面の降り立ったと思ったら
すぐさま戻っていきました。

これはヒタキの類が餌を獲るときの動きでは?
さてはこの時期そんな動きをしているのはオオルリかな?チラッと見えた姿が青かったし(笑)
と、ソロリソロリと歩みを進めていくと・・・

20160502-01.jpg

オオルリ♂が花見をしておりました(笑)
桜の木の枝にちょこんととまって傍の桜を堪能中のようです。

よく見れば何個体かいるようで、時折縄張り争いなのか追いかけっこをしています。
やはり鳥にも性格があるのか、最初に見かけたこのコ一番愛嬌があるようでそばまでやってきます。

20140511-02.jpg
                        (※注:2014.05.11記事より再掲)

オオルリというと青々とした新緑の中に佇むこの写真や、梢のてっぺんで囀る写真が僕のイメージなのですが
ここはひとつ季節ものということで、桜と一緒のオオルリを写真に収めようとチャレンジです。

20160502-02.jpg

でもなかなかどうしてうまくは撮れないものですね。思いのほか桜の花や枝が邪魔をしてすっきり写せません。
抜けるポイントを探しているうちにモデルさんは構わず動いてしまうし、生き物相手の写真はタイミングが
一番重要なんだと痛感です。

結局、なんとか桜の花に囲まれているオオルリになったのはこの写真くらい・・・(^^;
でもなんとなくオオルリが桜を鑑賞しているように見えて個人的にはお気に入りの1枚になりました。

20160502-03.jpg

あれこれ試行錯誤しているうちにさすがのおっとりオオルリ君もモデルに飽きてしまったようで
桜満開地帯から離れてしまってエサ取りを再開です。見ていると枝にとまっている虫を見つけると
一瞬でさらっていきます。
われながらナイスタイミングでそんな状況が撮れたのでこの日の撮影はちょっと早いですが終了です。
あれ?でも、僕は花見に来たんじゃなかったんだっけか?(笑)

でも僕と同じで彼らも「花より団子」ならぬ「花より虫」なことが判って、オオルリたちにスゴイ親近感を
覚えちゃいました(笑)
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

主役のご到着・・・
  • + 2016-05-07 (Sat) +


楽しみにしていた大型連休も振り返ればあっという間に終了となりました。
もちろん月曜日までお休みの方もいると思いますし、毎日日曜日だよという羨ましい方もいらっしゃるでしょう。
最後までけがや事故などないよう気を付けてお休みを楽しんでください。

各地のブログを巡っていると夏鳥たちも北海道地方も到着し各ブログの写真も色鮮やかになってまいりました。
当ブログもこのところ地味な色彩の鳥が続いたのでココでちょっと華やかな写真を上げてみたいと思います。

この時期林の中を歩くと様々な小鳥が飛び交っておりますが、その中でも目を引くのはその青い姿を見ると
みんな幸せな気持ちになれるオオルリと、黒と黄色のコントラストが美しいキビタキではないでしょうか?
どちらもこれを見ると春も本番と思わせる夏鳥主役級のお二方です。

20160430-07.jpg

この日も近所の林を散策していたらまるで撮ってくれと言わんばかりに現れたのはキビタキの雄のキビ雄くん。
まるで舞台のように張り出した枯れ枝の先にとまってこちらをチラチラ見ております。
ホントは今シーズン最初の出会いで嬉しいくせに、しょうがないなぁなんて言いながら1枚撮らせてもらいました。

でも、背景が枯葉だし、もう少し寄ってくれてもいいんじゃない?
と一歩前に踏み出したら逃げられちゃいました。
彼のパーソナルスペースはこの距離だったようです(^^;

20160430-08.jpg

そうかと思えば、このキビタキ雌の彼女のようにちょっと近すぎだよ(汗)
というくらい積極的なコもおります。
もちろん僕ボクは彼女のような密接するところまで寄ってくれるコが大好きです。

20160501-01.jpg

別の場所で出会った彼はもう少し余裕があったようで程よい大きさになるまで近づくことを許してくれました。
うん、君はできる子だ(・∀・)

もう少しすると林の木々には葉が生い茂り彼らの姿も見つけづらくなります。
特に鳴き声から居場所を探せないボクには厳しい状況になります。
だからキビタキ君たち、この時期にもっといろいろな姿を僕に見せてくれないですかね?
できればもっと近くで!(笑)
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

鳥見あるある?・・・
  • + 2016-05-05 (Thu) +

暑い日の翌日は今度は雨模様、前線が通過するようです。
前線通過後は風が出るようでせっかくの連休後半は残念な天気が続きそう・・・
皆さんはこの連休どのようにお過ごしですか?

天気が良かった日にあまり出向かない山道を両脇からなにか飛び出さないか注意しながら走っていると
正面から数羽の鳥が飛び出しました。

おっと予想外!
というより鳥を探すときは360度周りを気にしながら行動しないとダメですね、スミマセン(^^;

さて、飛び出した鳥のうち1羽だけ少し先の雑木にとまるのが確認できました。
ゆっくりと車を進めてまずは何者かと双眼鏡で確認してみることに・・・
大きさ的にツグミサイズなのでアカハラかシロハラあたりかなと思っていたら

20160503-02.jpg

およ!この特徴的な顔の模様は旅鳥マミチャジナイさんですか?
どうもうどうも、ご無沙汰しておりました。

最近は大型ツグミづいているのかツグミにクロツグミ、トラツグミ、もちろんシロハラやアカハラにも
会っているので最後の締めがマミチャさんですか、ありがたいことです。

20160503-01.jpg

久しぶりの出会いに嬉しくなり、できれば正面向きで観察したいなと本格的に観察準備をしていたら
なにやら遠くからエンジン音が聞こえてきます。

いや~な予感・・・

案の定、山菜取りのおっちゃんが軽トラでブイブイ言わせながら山を下ってきました。
もちろん僕がそこで鳥を観察しているなんて思ってもいないでしょう。
にこやかに手を挙げて通り過ぎていきました。

別に僕はあなたのために路肩に車を寄せて待っていたわけではなかったのですが・・・
もちろんいたはずのマミチャジナイは消え去っております。
ああぁぁぁ~、おっちゃん頼むよ~(T_T)ノシ

でも、これって鳥見あるあるですよね。
まぁこれにイチイチ目くじら立てていては鳥見をやっていけないのですが
ちょっとだけ残念に感じたとある暑い日の出来事でした。
へばまた(T∀T)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

撮影時は周囲確認も怠らないように・・・
  • + 2016-05-04 (Wed) +

つい先日まで寒くて真冬の装備で出歩いていたと思ったら今度は夏のような暑さになった当地です。
あまりの寒暖差に体調を崩さないよう皆さんもご自愛ください。

さて、クロツグミの旦那の後ろを横切って行った謎の影ですが、ご覧の皆さんももうお分かりのことと思いますが
トラツグミ氏でございました。

夜や薄暗い時間にヒィ~と薄気味悪く鳴くその声は妖怪である鵺(ヌエ)と思われてたとのこと。
き、聞いてみたい・・・・ 残念ながら耳のイカレた僕には聞こえませんが(^^;

20160430-05.jpg

立木が込み入ったエリアを忙しなく動き回っていたのですが、どうして必ず木が邪魔する場所で
立ち止まるんですかね?
写真を撮らせていただくときにスゴク邪魔なんですけど・・・
まさか、僕を警戒して少しでも障害物がある場所を選んでいるとか??

20160430-04.jpg

確かに恥ずかしがりやで潜行性が高い鳥なのでなかなかオープンエリアに出てこないのですが、
得意の持久戦で動きたいのを我慢してゆっくり姿勢を低くして待っていたら珍しく芝生のようなエリアに
出てきてくれました。
いやいや、どうもありがとう。(・∀・)!


20160430-06.jpg

何枚か撮影してとりあえず少しはまともな写真が撮れたかなと気を抜いて動いたとたん、
後ろにいたさっきまでモデルを務めてくれていたクロツグミのほうが驚いて逃げ出しちゃいました(汗)
もちろんトラツグミも同調してさっと近くの木の上に飛び移って警戒モードです。

このままじっとしていればまた降りてきてくれるのでは?という僕の淡い期待はもちろん叶うはずもなく
トラツグミもあっという間に藪の中に逃げ込んでしまってジ・エンドです(T_T)

でも、なかなかじっくり見る機会のないトラツグミがこれだけ僕の周りで遊んでくれたので結構満足です。
できればクロツグミの旦那をもう少しししっかり撮ってあげたかったなぁ・・・
なんで逃げちゃうのよ!
と、自分の行動は棚に上げてクロツグミを悪者にしたところで(笑)
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

モデルさんの後ろを通過して行く怪しい影・・・
  • + 2016-05-03 (Tue) +

大型連休真っ盛りの日本列島ですが天候が不安定なところが多いようです。
かくいう当地もここ数日は寒くて、先日も明け方の道路にある温度表示がマイナスとなっていてビックリ!
それでも日中に日が射せばだいぶ暖かく感じられるんですけどネ。

春も本番を迎え、各地のブログで夏の小鳥たちの到着が紹介されております。
御多分に漏れずボクもそんな夏の種を見つけに山のほうを訪ねてみました。

この場所は車では通行できない場所になるために徒歩での散策です。
そんな山の小道を歩いていると遥か前方で黒い物体が地面の枯葉をひっくり返しておりました。
たぶんツグミの仲間だろうと歩みを進めたら案の定、クロツグミの旦那でした。

20160430-01.jpg

なかなか警戒心が強い個体が多く、お近づきになれないことが多いのがクロツグミなので今回もちょっと離れた
位置から観察してると興味を持ったのか、珍しく少し僕のほうに接近してきました(嬉)

ここで欲を出して僕ももう一歩前進してしまうとすぐに飛ばれてしまうのが目に見えているので、
飛ばしてしまっては元も子もないと立ち位置を変えずにクロツグミの撮影をしていると・・・

20160430-03.jpg

「あ~、忙し忙し!」
と、すたすたと後ろを通過していく一つの影。

20160430-02.jpg

モデルになっていたクロツグミも「なに?なんか通った??」
と影が過ぎ去った方向を気にしております。

そしてカメラのAFも何故かそちらに引っ張られて主役のクロツグミ君は見事なピンボケ(笑)
はて?今の方は誰だったのでしょう(笑)
答えは後程(^^;

やっぱりこの時期はいろいろな鳥たちが一気に渡ってきてすごく楽しめますネ~
そして運よく大型ツグミたちに出逢うことができた今、残りは夏鳥の両横綱である青い鳥と黄色い鳥です。
果たしてこの後彼らに出会うことができたのか、はたまたこの先の鳥たちとの出逢いはどのようになるのか?
本人も全く予想がついていないのですが・・・
連休中の更新もお楽しみ~
へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター