FC2ブログ

春の使者のはずが・・・
  • + 2016-03-29 (Tue) +

先週はいろいろとあってブログの更新をサボってしまいました。
楽しみにしていた方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんでしたm(_ _)m

と、前回の記事と全く同じ出だしとなってしまい益々申し訳ございませんm(_ _)m
年度末ということもありちょっと本業が立て込んでおりました。
立て込んでいる間、当地では冬に戻ったかのように雪が積もる日があったりとまだまだ天候が安定しない時期。

そんなある日、近所の農耕地を走っていたら道端から飛び立つ1羽の鳥が目に入りました。
ちょっと先まで飛んだら再び道端に降りたその鳥は春の使者?のヒバリです。
あけましておめでとう(・∀・)ノ

20160321-01.jpg

でも、せっかく春を当地に連れてきてくれたはずなのに何故か空からは白いものが落ちてきます。
ヒバリも丸くなってちょっと寒そうです(^^;

20160321-02.jpg

よくよく見たら農耕地のあちらこちらに仲間が潜んでいたようです。
みんなで仲良く餌をついばんでいると思ったら追いかけっこしたりと、いくらヒバリの色が農耕地に似ているといっても
なんでいままで気付かないでいたんだと悩んでしまいました(>_<)

ヒバリといえば春の空に高く舞い上がりながら囀るイメージがありますが、雪が舞うこの天気では
その姿を見かけるのはまだもう少し先になりそうですね。
ホント早く暖かくなってもらいたいものです。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 5DmarkⅢ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

スポンサーサイト



テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

大きな群れの中に混じっていたのは・・・
  • + 2016-03-21 (Mon) +

先週はいろいろとあってブログの更新をサボってしまいました。
楽しみにしていた方がいらっしゃいましたら申し訳ありませんでしたm(_ _)m

当地も平地のほとんどで雪が消えて久しぶりに地面が顔をのぞかせております。
そんななか近所の農耕地を訪れると北帰行を前に体力をつけるべくガンやハクチョウたちが
せっせと落穂ひろい(?)をしておりました。

日当たりの良い場所はすでに土も乾き始めておりますが、やはり餌が取りやすいのか鳥たちが
多くみられるのはやっと雪が消えたばかりの泥濘のような場所のようです。

広範囲に散らばっているハクチョウやガンたちの群れを覗きながら車を進めていると、目についたのは
ちょっと毛色の違うハクチョウでした。

20160318-04.jpg

コハクチョウの群れの中に混じっていたのはクチバシの黄色い部分が小さい亜種アメリカコハクチョウです。
この写真でいえば先頭は一般的なコハクチョウで後ろの2羽は亜種アメリカコハクチョウな感じです。

が、本当のアメリカコハクチョウはもっと黄色い部分が少ないので、多分この2羽はコハクチョウと
アメリカコハクチョウとの交雑種(ハイブリッド)なんだと思います。

20160318-02.jpg

せっかくだから文句ナシのアメリカコハクチョウを見つけ出そうとあっちの群れ、こっちの群れを隈なく
探してみるものの、写真のようなハイブリッド種が時折見つかる程度・・・
モデルになって頂いたハイブリッドハクチョウも仲間が見つからなくて寂しそうなです。

20160318-03.jpg

そしてそろそろ日も暮れて探索も限界、と思ったときに双眼鏡の視野に入ったのはかなりいい線の黒クチバシで
目元にわずかに残る黄色の大きさ・・・これなら亜種アメリカコハクチョウと言っても問題ないのではないでしょうか?
今回はホント日没寸前といういうか、日没直後というかギリギリで出会うことができました。
ということで、画質がザラザラなのは平にご容赦願います。

あと少しで彼らも北に旅立ってしまうと思いますが、みなさんも外でハクチョウたちを見かけたらくちばしの色に
注目してみるとアメリカコハクチョウが混じっているかもしれませんよ!
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

な・ん・か・で・た!(爆)・・・
  • + 2016-03-15 (Tue) +

この週末も比較的好天に恵まれた当地です。
おかげさまでドンドンと雪解けは進んでいるのですが、まだまだ風は冷たく感じられた週末でした。

冬の間は曇天雪降りが標準の当地ですが、最近は青空のことも多くなり空を見上げるとハクチョウたちや
ガンたちの北帰行を目にすることも多くなってきました。

この日もハクチョウたちが北に向かって飛んでいく姿やトビが気持ちよさそうに空に浮かんでいるのを
眺めながら車を走らせていると足元から飛び立ったのは一羽の猛禽。

20160313-01.jpg

やけに白いノスリだなと思いきやケアシノスリの幼鳥でした。
色白のきれいな個体ですが、ずいぶんと羽根がくたびれているのが被写体としてはちょっと残念。
でも、前回ご紹介した別の場所で見かけた個体は残念ながら曇天下での撮影となってしまいましたが、
今日は快晴の条件で撮影できたのでそれだけで十分満足です。

足元を飛び立ったケアシノスリの幼鳥はゆっくりとソアリングをしながら上昇。
眼光鋭く先を見据えながら飛んでいたら名前通り毛の生えた脚をにゅっと出したので獲物でも見つけたのかと
思いきや・・・

20160313-02.jpg

な・ん・か・で・た! Σ(@◇@)!!
どうも軽量化を図った模様です(笑)

イケメンなケアシノスリもやはり排泄行為をボクに見られたのは恥ずかしいのでしょうか?
なんだか脚が内股でモジモジしているように見えなくもありません(笑)

実はそんなモジモジくんの幼鳥のほかにも近くでカッコイイ成鳥個体も見かけたのですが、
残念ながら逆光&ピンぼけ&手ブレ写真でブログ候補からボツになってしまいました(>_<)

そんな彼らも遠く北の国に帰っていく冬鳥の仲間。
ここ最近の陽気で一気に鳥たちの移動が始まっているので同様にドンドンと北を目指していくことでしょう。

毎度同じような締めの言葉になってしまいますが、来年はぜひとも立派な成鳥となった姿でこの地に
舞い戻ってきてもらいたいものです。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

いつもの場所でいつものヤツが・・・
  • + 2016-03-10 (Thu) +

暖かい日がしばらく続いておりましたが、再び雪が降った当地です。
雪模様のおかげで部分日食が拝めなかったのは残念ですが、道路に積もることもなく春が近づいてきているなぁ・・・
と感じる今日この頃です。

ということで、鳥たちも動き出しているようだし何か面白い出会いでもないかなぁと久しぶりの場所を
覗きに行ったのですがこれが見事なまでに空振り・・・

20160306-01.jpg

しょんぼりしながらの帰り道、目についたのはとある海沿いにある枯れ木にとまる大きな影。
特に何の変哲もないオジロワシですが、この冬この場所を通りかかる度に見かけていたので
よほどお気に入りの場所のようですネ。

冬鳥である彼らもここ最近の春の気配を感じてそろそろ北を目指して旅立つころ・・・
今シーズンはあちらこちらでその姿を見かけましたが、もう少しでお別れです。

この個体も旅立つ先の海を見つめているのか、はたまた旅立つ前の腹ごしらえのつもりで海を見ているのか、
そのまなざしは真剣でした。

ぜひとも当地の新鮮な海の幸をたらふく食べて長旅を無事に乗り切ってもらいたいものです。
そして、来シーズンもこの場所で再開できることを期待して・・・
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

森の王者に出会った日・・・
  • + 2016-03-07 (Mon) +


土曜日は朝から快晴の青空が広がった当地です。
冬の間に何度もない貴重な晴れ間に誘われてちょっと山のほうに出掛けてみました。

20160305-03.jpg

まだまだ山の様子は冬景色でしたが、久しぶりの青空で雪を纏った山肌が輝いて見えます。
そんな山の中で時折ヒヨドリやマヒワ、イカルなどが木々の間を通り抜けていくのを
眺めていたら大きな影が尾根の向こうから姿を現しました。

20160305-01.jpg

おぉぉぉ!この冬はるか彼方に一瞬だけ現れた姿を見ただけのクマタカです!
青空のもと雪のレフ板効果もあり翼下面のタカ模様もくっきり見えてすごく綺麗。
ほとんどはばたくことなく帆翔しながら高度を上げて再び尾根の向こうに消えていきました。

再び現れたのはそのあとしばらく経ってから・・・
あまりの天気の良さに少し眠くなっていたところ、はるか先の尾根の上を旋回している姿を発見。
コッソリと眺めていたら徐々にこちらに近づいてきてくれました。

20160305-02.jpg

成鳥の証であるオレンジ色に染まる眼でボクのことを一瞥して、同じように優雅に帆翔しながら反対側の
山の向こうに消えていきました。

あっという間のことでしたがその優雅な飛び方はのせいか、ゆったりとした時が流れたように感じられた
ひと時でした。

そして、家に帰ってから写真を眺めていたら2枚の写真、どうも別々の個体かも?
短時間に2羽の個体を見れたなんてなんか運を使ってしまった感がありますが、出逢いたかったクマタカに
逢えたのでなにも文句はございません(笑)

また出逢えることがあったら今度は2羽で飛んでいる姿を見てみたいものです。
いつかそんなシーン出逢えることに期待して・・・
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ
※1枚目のみEF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USM使用

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

識別の決め手はドコに???
  • + 2016-03-04 (Fri) +

この週末は気温が高くなるとのことで雪解けが進むのではと期待しているのですが、週間天気予報を見ると
後半にはふたたび雪だるまが・・・
まだまだ三寒四温というよりは五寒二温くらいの感じですが少しずつ春に向かっているのでしょうね。

さてネタ切れだということで、なんとなく写真フォルダを見返していてなんとなく目にとまったのは
初冬に出会ったゴジュウカラの良く見かける逆さま写真。

20151122-05.jpg

初めてこの鳥の行動を見たときはなぜ頭に血がのぼらないのかと不思議に思ったものです。
いや、今でも不思議なんですけどね(笑)

この個体、正確に言えばお隣の県にしか居ないといわれている亜種シロハラゴジュウカラと思われます。
もちろん撮影はお隣に遊びに行った時のもの(^^;

名前の通り、亜種ゴジュウカラよりお腹が白いのが特徴ということですが、どうも識別はお腹が白いからと
一概には決めつけられないでようです。
まぁ人によっては生息地で亜種が分けられると言っている方もいらっしゃいますが、実際はどうなんでしょうか?

でも、実際に観察すると確かに当地に居る個体とは性格が違うようで人懐っこいというか、人を恐れないというか・・・
ボクの後をついてくるような、そんな好奇心旺盛な個体でした。

そんなことを思い出していたらまたお金を貯めて遊びに行きたくなってきてしまいました(^^;
という感じにネタ切れなもので今回もとりとめもなく手短に・・・(笑)
へばまた(・∀・;)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

何を見ているのだろう?・・・
  • + 2016-03-01 (Tue) +

今日から3月ですね(・∀・)!
3月と聞くとまだ春は遠いものの、冬のピークは過ぎたぞというちょっと安心した気持ちになります。

2月は鳥見の機会に恵まれず棒に振った感がありますが、さてはて3月はどうなることやら?
ということでやはり写真がないので過去からのストック放出で1枚ご紹介。

20160131-01.jpg

偶然ボクの車の前を先導(?)してくれたこのコミミくんですが、何を思ったのかボクの前に降り立ちジッと
足元を見つめていたのが印象に残る1枚。
なかなか出会えないコミミを間近で見れたこの冬の良い思い出となりました。

そろそろ彼ともお別れの時期ですが、最後にもう一度どこまで出会えたら幸せだろうなぁ・・・。
そんな出会いに期待しながら、3月からはフィールド巡りも通常運転に戻していきますので
引き続き皆さんよろしくお願いいたします。

今回はちょっと短いですが・・・
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター