FC2ブログ

tuka_PONが選ぶ記憶に残るベストショット2015
  • + 2015-12-31 (Thu) +

今年もあと数時間となりました。
この一年、昨年以上に鳥見にのめり込んだ一年でした。
そんな今年の鳥達との出会いから「tuka_PONが選ぶ記憶に残るベストショット2015」
をお送りいたします。

2015-01.jpg

冬、初めての青森の冬・・・
その雪の多さに戸惑いながら徘徊して出会ったのはビロードキンクロ♂若でした。
図鑑で見て以来、こんな奇抜なカモが当地でも見れるらしいということを知り、
冬のあいだ機会があれば海辺を巡りやっと出会った1羽です。
残念ながら♂成鳥には出会えませんでしたがそれは今冬への宿題ということで虎視眈々と狙っています(^^;

2015-03.jpg

春、北国の遅い春がやってきた中、地元で出会えた憧れの鳥。
多分、鳥に興味を持った人であれば一度は見たいと思うサンコウチョウ♂に奇跡的に出えました。
ほんのわずかな間の出会いでしたが、その姿が視界に入った時の興奮は今でも覚えております。
次回はぜひ青森でその姿を見たいと思っておりますが、果たして再会はあるのでしょうか?

2015-02.jpg

夏、昨年出会って心を奪われたアカショウビンの森に通い、渡来から巣立ちまでをひっそりと見守り続けました。
一つの鳥をこれほどまで集中して見続けた経験は初めてでしたが、すごく良い経験になりました。
途中色々なハプニングがありましたが、無事に雛が巣立った姿を見れたことでそれまでの苦労も良い思い出と
なりました。

2015-04.jpg

秋、タカの渡りに集中的に取り組みどちらかというと写真は二の次でした(^^;
でも、タカの渡りは奥が深いです、まだまだ精進しないとと反省も残りました。
そして、タカの渡りも一区切りしたところで航路探鳥を初めて経験しました。
陸地から遠く離れた海上にもたくさんの鳥たちが生活していることに驚くとともに、波に揺れながら遠くの鳥を
観察する大変さも知ることができました。
でも航路探鳥って旅の要素もありスゴクはまりそうでちょっと心配です(^^;

2015-05.jpg

そして、またやってきた冬・・・
暖冬といわれまったく雪がない年末の田園地帯で探し求めていたハイイロチュウヒ♂成鳥と対面。
つい先日の出会いですが、文句なしにこの冬の記憶に残る1枚です。
この世に居ないのでは?(笑)とさえ思っていた鳥が突然目の前に現れて軽くパニックでした。
この鳥のおかげで今年は大満足で鳥見を終えることができました。


振り返れば2015年は昨年以上に行動範囲を広げて新たな鳥たちとの出会いもたくさんありました。
また、ひとつの鳥をじっくりと観察する機会にも恵まれて自分ではかなり充実した一年を過ごせたと思います。
これもひとえに現場で、そしてネットで出会った皆様との縁のおかげです。
来る2016年も引き続き、お付き合い&ご指導のほどよろしくお願いいたしますということで・・・
へば来年(・∀・)ノ
スポンサーサイト



テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

今年最後の出会いは・・・
  • + 2015-12-30 (Wed) +

ほとんど雪の消えてきている地元ですが、青森のほうはスゴイ状態になっているような話がチラホラ・・・
明日は朝から青森に戻る予定なのですが、どうなっているのかドキドキの年末を迎えております(笑)

さて、そんな年の瀬も押し迫った地元の農地をウロウロしていたらヒシクイとマガンの群れが見えました。
そしてその向こうには残雪かと思いきやハクガンたちも休んでおります(^^;

せっかくだから彼らに年末の挨拶もかねて撮影させてもらおうと、車をソロリソロリと進めていくと
頭上を通過していくガンの群れが・・・
大きさからマガンたちかなと思ったら、ちょっと違う格好であることに気づきました。

20151230-03.jpg

よくよく見てみれば特徴的な顔の模様のシジュウカラガンの団体さんです。
その数ざっと100羽+といったところでしょうか?
ぐるぐるとボク周りを旋回したら近くに降り立ちました。

20151230-02.jpg

ここ最近の話ではこの地には120羽程度飛来しているとのことですので、この群れのほかにも
小さな群れが来ているのかもしれません。

でも、太平洋側の某有名なガンの飛来地にはシジュウカラガンが2000羽近く飛来しているようなので、
そのうちこちらにも遊びに来てくれませんかね?
シジュウカラガン好きのボクとしてはホント心待ちにしております。

20151230-01.jpg

シジュウカラガンは他のガンに比べたら比較的警戒心が弱いうえに、この群れが単独の群れだったおかげで
そこそこ近くでじっくり観察することができました。
多分、これがヒシクイなんかと一緒に居るとヒシクイに警戒されてぜんぜんそばに寄らせてもらえないと思います(^^;
おかげさまでだいぶ充実したひと時を過ごせました。

それでは今年の観察日記はこのシジュウカラガンたちで締めくくりたいと思います。
明日は無事に青森に戻れたら「ボクが選ぶ2015年記憶に残るベストショット」をお送りしたいと
思ってはいるのですが、天候と道路状況とボクの気力しだいということで期待せずにお待ちください。
以上、年末最後まで締りなくだらだら進行しながら・・・
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

ウ○ーリーを探せ上級編・・・
  • + 2015-12-28 (Mon) +

ついに冬将軍到着です!あっという間に一面の銀世界となりました。
密かに雪のない正月を願っていたのですが、そうはウマくいかないですね(^^;

さてこの週末は既に地元に戻ってきていたのですが、悪天候の予報から鳥見には出掛けずに自宅におりました。
でも、日曜の午前中なら日も射していて鳥見に出れるような天気でしたけど・・・

ということで今回は在庫からのご紹介ということでお許しください。
先日、ウ○ーリーを探せ(初級編)ということでコクマルガラス成鳥(業界用語でシロマル)をご紹介いたしました。

20151220-01.jpg

そのときとは別な時に見かけたミヤマガラスの大群を見ていたらポツリポツリと紛れているシロマルたちの姿が・・・
おおよそ2000羽クラスの群れでしたが、一通り見たところその中に7羽のシロマルが紛れておりました。

20151220-02.jpg

車を停めてほかにもシロマルが居ないか見ていたら、おやおやおや???
シロマルの手前にいらっしゃる他のカラスより一回り小さな黒いカラスはもしや~?

20151220-03.jpg

そう、同じコクマルガラスでも黒いコクマル(業界用語クロマル)が紛れておりました。
シロマルは成鳥、クロマルは幼鳥ということらしいのでこのコクマルガラス達は家族なんでしょうかね?
時折、ミヤマガラスに邪魔者扱いされながらも家族で纏まって行動しているような感じでした。

ということで、前回目標としていた○ォーリーを探せ上級編は年内クリアという感じでOKでしょうか?(笑)
でも、実はコクマルガラスたちの他に彼らに良く似たニシコクマルガラスという種類も日本で観察された
ことがあります。

こちらはいわゆる超珍鳥レベルですので、難易度レベルをあえていえば「超スーパーウルトラ上級編」(^^;
でも、こっそりチャレンジを続けていきたいと思います。
それでは、いつの日か新聞に出るような記録更新があることをお待ちください(爆)
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

冬の間続く恋の駆け引き・・・
  • + 2015-12-24 (Thu) +

今日はクリスマスイブですね。メリークリスマス!
でも、全く雪が無くホワイトクリスマスではない珍しい当地の状況。
このまま正月まで雪が積もらずに・・・と思っていたのですがさすがにそうはならないようです。

冬らしくないとはいっても冬鳥たちは続々と渡ってきているのですが
今シーズンまだボクの大好きなこの鳥達にまだ出会いに行っておりませんでした。

20151213-01.jpg

カモの中では一番お気に入りのクロガモたちです。
真っ黒い体にポッコリついている黄色いコブのような上嘴のワンポイント。
もう、たまりません(笑)

20151213-02.jpg

この日は海も穏やかだったためか、沖の波間で1羽のメスを巡って10羽のオスたちが熾烈な駆け引きを繰り広げておりました。
このクロガモたちを見ていると冬の間中オスはメスのケツを追っかけ回して居るんですよねえ(^^;
写真のように波しぶきを上げてダッシュするのもメスへのアピールの常套手段のひとつです。

今は沖に居る彼らもこれから冬が本格化してくると餌を追ってなのか岸のすぐそばまでやってくるようになります。
そのころになったらその魅力的な姿をまた撮りに来たいと思ってるので、それまでゆっくり恋の駆け引きを
楽しんでいてもらいたいものです(笑)
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

びっくりサプライズはこちら!
  • + 2015-12-22 (Tue) +

先日降った雪もあっという間に溶けてしまってこのままでは本当に雪がないクリスマスになってしまいそうな当地です。
この地に住んで二度目の冬ですが、かなり珍しいことなのではないでしょうか?

ということで、先日地元に帰った際も雪ではなく雨が降る天気。
そんな中、いつも行く場所を覗いてみたらノスリやチュウヒが飛んでいる姿が目に入りました。
コンビニで買ったパンを頬張りながら、餌をとるシーンなんかに出会えないかなぁと車を進めていると
少し先の草原から飛び立つ1羽の猛禽

20151221-01.jpg

で、で、で、でた~~~!!!

会いたくて冬になるといつもひそかに探していた鳥がいきなり目の前に出現です。
なかなか縁のなかったこの鳥はご存知、ハイイロチュウヒのオス成鳥。
いままで幼鳥やメスには遭遇していたのですが、なぜかこの綺麗な灰色をしたオスの成鳥には
出会えていませんでした。
あまりに嬉しくて1枚目は強トリミングでご紹介です(^^;

20151221-03.jpg

まだ、青々とした草原のうえを餌を探しながらヒラヒラと飛ぶ姿はホント美しいです。
でも、興味のない人だとカモメが飛んでいると勘違いするかもしれませんネ(^^;

20151221-22.jpg

ヒラヒラと飛ぶそのかっこよい姿をビシっと撮影したいのですが、あいにいくの雨が降る暗い空模様で
ボクの腕ではここあたりが限界でした。

ハイチュウ♂は僕のことなど気にしないかのように進行方向を反転させてヒラヒラと遠くの草藪の向こうに
消えていきました。
いやはや、鳥との出会いは突然なことが多いですが、今日はかなりドッキリサプライズ!
先日の山の神からのクリスマスプレゼントに続いて、草原の神からもクリスマスプレゼントを貰ったかのような
ひとときでした~
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

その存在感は別格・・・
  • + 2015-12-18 (Fri) +

ついに寒気がやってきて雪が降り始めた当地です。
このまま根雪となるのか、はたまた溶けてしまって雪のないクリスマスを迎えるのか?
気になるところです(^^;

今週は大型猛禽特集?でお送りしておりましたので、トリはこちらのお方に登場願いましょう。

20151212-05.jpg

前回ご紹介したオジロワシが飛び去って行った方向に車を進めてみると・・・
再び田んぼに落ちている怪しげな黒い塊(笑)

はは~ん、さては・・・と双眼鏡を覗いてみたら案の定のオオワシでございます。
今シーズンお初の出会いにあけましておめでとう(・∀・)!

20151212-06.jpg

オジロワシと一緒に冬になると当地に渡ってくる大型猛禽の双璧の一方を担ってます。
ボク的には精悍なオジロワシももちろんカッコイイのですが、
オオワシのいかにもワシだぞ!という風貌とちょっとコミカルすぎるバカでかい嘴にメロメロです(笑)

20151212-04.jpg

遠くを飛んでいても目立つ黒白の体に筋骨隆々と言った感じの盛り上がった肩は
いかにも空の王者といった感じがしませんか?

でも、オジロワシ同様に肝っ玉の小ささは特筆事項(^^;
抜群の視力チラリとこちらを見たら、怪しいヤツが来たとばかりにアットいう間に飛び去っていっちゃいました。

オオワシくん、またこの冬も色々とお世話になると思うけど、あまり嫌わないで仲良くお願いしますよ~
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

この時期らしくない風景の中で・・・
  • + 2015-12-16 (Wed) +

天気予報では週の後半から寒気が流れ込んでくるらしく、遂に当地も冬景色に変わってしまうのでしょうか?
「雪が無い&太陽が拝める」と、およそ当地らしくない冬もついに終わってしまうのかと思うと心がブルーに・・・(^^;

さて、前回のイヌワシから大型猛禽つながりで紹介するのは当地では冬の渡り鳥でおなじみオジロワシです。
彼は先日の田園地帯ドライブ中に目についた茶色い大きな塊の正体でした(笑)

20151212-01.jpg

その時になんだろう?とソロソロとゆっくり近づいてみたのですが、正体はオジロワシ!
ギロリと睨む目はさすがの大型猛禽の迫力です。

20151212-02.jpg

しかし、その大きな図体の割に結構臆病なのが大型猛禽の定石。
案の定、結構離れた田んぼの中でソワソワしだして落ち着きがなくなり、
ついにバサバサと飛び立ちました(^^;

20151212-03.jpg

飛んだ姿はさすがにばかデカイですね!・・・
白い尾羽が非常に印象的で、憧れの大型猛禽と皆さんが言うのも頷けます。

例年ですと水面が結氷すればその氷上で見かけることが多くなる彼等ですが、この暖冬のおかげで
雪のない田んぼの中で休憩したていたのでしょうか?

でも、せっかく久しぶりの出会いだったのに、「茶色い背景」に「茶色い鳥」と地味な写真になってしまいました。
次は真っ白な雪原の中か、青空をバックにゆっくりと飛翔する姿をビシっと撮影してみたいものです。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

少し早いクリスマスプレゼント?!
  • + 2015-12-14 (Mon) +

年末に向けて仕事がたて込んできております。
何とか雪に閉ざされる前に色々なフィールドを巡りたいのですが・・・

そんなとある日、山の中でボケっとしていたら目の前を通過していく黒い大きな影・・・

20159999-02.jpg

!”#$%&☆※ (@▽@)!!

20159999-01.jpg

何が起きたんだ?!などと思っているうちに彼は上昇気流を捕えながら
谷の間を風のように通り抜けていきました。
まるで夢のような一瞬を味あわせてもらえました。

山の神様からの少し早いクリスマスプレゼントだったのでしょうか?
よし!次はお年玉を期待しながら・・・(笑)
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

〇ォーリーを探せ(中級編)
  • + 2015-12-11 (Fri) +

初雪も降ってあとはモノクロの世界に一直線と思いきや、暖かい日が続く当地です。
まぁ、寒いよりは暖かいほうがありがたいのですが、これが鳥達など野生生物に
どのような影響が出てくるのかちょっと心配ですネ。

そんな雪もない田園地帯に蠢くのはマガンやヒシクイなどのガンの仲間たちです。
長旅の疲れをいやすためか、落穂ひろいに精を出しております。

そんな群れをよくよく見れば、ちょっと毛色の違う鳥が混じっていることがります。

20151205-03.jpg

こちらの皆さん、ぱっと見はマガンと同じようですが、目の周りにあるアイリングが
特徴のカリガネの皆さんです。

20151205-01.jpg

なかなか見つけられない鳥を見られたのでじっくりと観察していたら、何かに警戒したのか
他のガンたちと一緒に首を上げました。
顔を上げれば特徴のアイリングのほかに嘴がやや短いことが分かります。
なかなかカワイイ顔をしていますよネ(^∀^)

20151205-02.jpg

案の定、他に居たマガンが我慢できずに飛び立つとつられて空へ・・・
上に居るマガンと比べると少し体が小さい感じなのでこれも識別に使えるかもしれません。

ただただ沢山いる雁たちを眺めるのも面白いですが、よくよく見ればこんな子達が混じっているなんて・・・
まるでこの前ご紹介した○ォーリーを探せの中級編のようですよねぇ!(笑)

実はもっと見つけるのを上手にするためにホントに某ウ○ーリーを探せを買って訓練しようかと一瞬考えたことは
ナイショですので・・・(^^;
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

顔つきどおりの優しい印象・・・ミヤマカケス
  • + 2015-12-07 (Mon) +

さて、毎週のように爆弾低気圧がやってくる当地です。
ついに本格的に雪も積もり始めてしまいました。

さて、荒天でネタ不足気味なのでお隣まで遊びに行った話をまたまたぶり返します(^^;
ハシブトガラやシマエナガを見た後にボクの傍にやってきてくれたのはこちらの方でした!

20151114-09.jpg

当地をはじめ本州に居るカケスの親戚にあたる亜種ミヤマカケスです。
ボクが普段見かけるカケスはゴマ塩あたまに白い目で結構キツい顔つき。
でも、このミヤマカケスは褐色頭に黒い目玉という違いからだいぶ優しい雰囲気に見えます。

20151114-08.jpg

そんな違いを観察していたらもっと近くにやってきました(嬉)
やっぱりずいぶん優しい顔つきに感じられませんか?

20151122-04.jpg

そして、別の場所で、別な時に、別のミヤマカケスが・・・
手前の枝が邪魔してしまいましたが、その優しい顔はしっかりと写すことができて満足です。

ボクの知っているカケスはどちらかというと警戒心が強くて、姿はよく見る割に撮影となると
なかなか気を許してくれない難しい鳥という印象がありましたが、ミヤマカケスはその優しそうな顔
と同じようにボクに優しく接してくれて非常に好印象な鳥となりました。
ホントこっちに居るカケス達も少しは見習ってもらいたいものです(笑)
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

〇ォーリーを探せ(初級編)・・・コクマルガラス
  • + 2015-12-04 (Fri) +

週間天気を見ると雪だるまが並び始めた当地です。
ふと気づけばあっという間にモノクロの世界に変わっていくんでしょうね。

さて、ひと荒れ後の休日、田園地帯で奇跡の出会いでもないかとウロウロしていたのですが、
カメラに手が伸びる出会いもないまま時間だけが過ぎていきました。

くたびれたことだしチョット休憩~と、で少し離れたところで風に乗って遊ぶカラスたちを眺めていると・・・

20151129-01.jpg

何か違和感を感じます・・・
カンのよい皆さんならスグにお気づきだと思いますが(笑)

20151129-02.jpg

そう、この時期カラスの群れを見たら要注意のコクマルガラスが混じっておりました。
世間ではカラスといえば真っ黒いイメージがありますが、このカラスは白黒パンダ模様。
この業界ではシロマルなんて呼ばれてたりします。

My図鑑では成長になるとパンダ模様だけど、幼鳥は黒いなんて書かれております。
今回のように白黒パンダなら気づきやすいですが、これで黒一色だと結構気づかないかもしれませんね(・∀・;
ちなみに黒いほうは予想通りクロマルが業界用語です(笑)
よく見れば他のカラスたちより体格が小さいので判るのですがボクは結構難易度は高いのではと思ってます。

今回は昔流行ったウォー○ーを探せの初級編といったところでしょうか?
よし、次回は上級編のクロマル探しにチャレンジしてみましょうかね(笑)
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

都市伝説ふたたび・・・コミミズク
  • + 2015-12-02 (Wed) +

ついに師走に突入です。
この間お正月だった気もするのですが、あっという間に年末な気がするのはボクだけではないと思います。
泣いても笑ってもあと一か月。どんな鳥との出会いがあるのか楽しみです。

さて、先日とある牧草地?でなにか面白い鳥が居ないかウロウロしていたら一緒に居た方から緊急連絡。

なになに?なんですと!!

ボクにとっては都市伝説と化しているあの鳥がボクが通った時に驚いて飛んだらしい。
あの~、飛ばしてしまった本人は全く気付いてないんですけど・・・(^^;

話を聞いて慌てて振り返ってみるものの相変わらずの鳥まなこ5級のボクには見つからない・・・
なんで?どうして??と、地団駄を踏んだら目の前からふわりと飛び立つ幻の物体!

20151128-04.jpg

で、でたー!!(笑)
昨シーズン初めて出会えた幻の(しつこい(^^; )コミミズクが再び目の前に降臨です。
しかも奇跡的に明るい時間帯!

20151128-05.jpg

でも、あの独特の飛び方であっという間に遠ざかっていきます(汗)
必死にファインダーで捉えてとりあえずの連射(^^;

20151128-06.jpg

後で確認して確認してみたら、かろうじて証拠写真レベルでは撮影できたのではないでしょうか?
ボクの予定では、近くにふわりと降り立ったところに抜き足差し足近づいてドアップで撮影だったはずなのですが、
またもや幻に終わりました(>_<)

でも、危うく再び都市伝説のなりかけていたコミミズクに再会できてテンションアップです!
この調子で3度目の正直ということで明るいところでバッチリ観察&撮影したいものですネ。
期待せずにご期待ください!
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター