FC2ブログ

お行儀よく並んで・・・エナガ
  • + 2015-10-30 (Fri) +

毎日曇り時々雨という天候のはずが、朝起きるとなぜか好天なことが多い最近。
でも、北風が冷たい日が多くなってきました。

そんななか、近くの林を散策してみると、木々の葉も落ちてきてだんだん見通しが
良くなってきておりました。

20151025-02.jpg

しばらく姿を見かけなかったエナガも食欲の秋を迎えて木々の間を飛び交っておりました。
この赤い実を食べているようではなく、隙間に虫でも居るのか一生懸命ホジホジしております。

20151025-01.jpg

そうこうしているともう1羽がやってきました。
ちゃんと順番を守るように後ろで待っています。
そして、最初の1羽が満足して飛び去ったら後で待っていた1羽が漁り始めました。
ホントに並んでいたのかと思うとちょっとビックリ。

よほどおいしい餌があるのかと何を食べているのかじっくり見ていたのですが、残念ながら
見極めることができず・・・(>_<)

いつも忙しなく動き回ってゆっくり撮らせてくれないエナガですが、今回のようにお行儀よく
並んでくれたらもう少し撮りやすいんですけどネェ

と、自分の撮影技術がないことを棚に上げてしまったところで(笑)
へばまた(・∀・;)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

スポンサーサイト



テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

珍しく目の前に・・・ヤマドリ
  • + 2015-10-28 (Wed) +

日は天気が良くて週末になると天気が悪くなるという当地。
それが、ついには平日も週末も晴れマーク無しとなってきました。
もう、ボクの気持ちなど関係なく着々と季節が進んでいっております(>_<)

20151020-02.jpg

さて、そんなボクが最近山道を走っているとかなりの確率で出会うのがこちらのヤマドリ。
山道を走れば十中八九出会ってます。しかもすべて違う場所(^^;
いままではキジは比較的よく見かけるのですが、ヤマドリは警戒心が強いのかなかなかんびりしている姿を
見ることができておりませんでした。

いつもは山道なんかで出会い頭に出会ってあっという間に藪の中というパターン。
ボクが一番ヤマドリの存在を感じるのは、春先藪の中で突然ドドドッ!と聞こえてくる母衣打ちです(^^;

20151020-01.jpg

この時は珍しく見通しが良いところで発見したので、距離を取ってじっくり見るチャンス!
でも、なんか様子が変・・・

左の方にナニか気になるものがあるのかそっちに意識が集中しています。
あまり僕の方を気にしていないようなので、チャンスとばかりにゆっくり近づいて行こうと思った矢先・・・
バダバダバダっと豪快に音を立てて重そうに飛んで行ってしまいました。

上空を見ればトビが浮かんでおりましたが、まさかこれに反応したんですかね?
それともやはりボクが接近したことが引き金になったのでしょうか?

狩猟対象として猟期解禁になればハンターに命を狙われるだけあって
やはり警戒心は他の鳥より強いのかもしれませんね?

もしかしたら、ボクが構えたカメラがライフルにでも見えたのでしょうか?
申しそうだったらヤマドリ君、申し訳なかった(>人<;)
でも、今度はもう少しじっくりとその姿を見せてくださいな。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

猛禽探知機・・ヒガラ
  • + 2015-10-26 (Mon) +

この週末は西高東低の冬型の気圧配置で冬型が強まりました。
ご多分に漏れず当地も山沿いでは積雪とのニュースが流れておりました。
ついに冬将軍が到着してしまったようですネ・・・
もう少し暖かい季節に頑張ってもらいたかったのですが(^^;

20151018-05.jpg

そんな冬将軍に追いかけられるように渡りを急いでいるのはヒガラの皆さん。
北の岬は紅葉というよりは枯葉(^^;といった感じが常なのですが、この日は朝焼けが素晴らしかったことも
手伝って、なんとなく紅葉のような背景に見えたこともあり1枚撮らせていただきました。

20151018-06.jpg

風が強い中をやっと渡ってきたヒガラたち、やはりおなかが空いているのか餌を食べるのに夢中で
どんどんとボクの傍までやってきます。
さすがに体を動かせば逃げてしまいますが、静かに眺めていれば大丈夫なようです(^^)v

ところが、そんなヒガラたちが何もしていないのに一斉に逃げてしまうことがあります。
そんな時は前回ご紹介のハイタカなどの猛禽がやってきていることが・・・
耳が不自由な分、彼らの動きは僕には大変助かります。

これからも彼等とは仲良くしておいた方が良さそうですね。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

渡りの厳しさ・・・ハイタカ(若鳥)
  • + 2015-10-22 (Thu) +

最近は北の岬でタカの渡りを見ながら過ごすことが多いのですが、
定点観察をしていると見られる鳥が色々と変化していくことで季節が進んでいるのが実感できます。

この日もいつものように岬に出掛けてみました。
結構な強風なのですがカラ類を中心に様々な小鳥たちも海峡を渡ってきているようです。

20151018-03.jpg

そんな小鳥たちの最大の恐怖はやはり猛禽の皆さんでしょう。
このハイタカも目の前の海峡から一直線に岬に向かって飛んできました。

そして、到着すると同時にヒガラ達が一休みしている岬の林に飛び込んでいきます。
渡りの途中でも隙あらば小鳥たちに襲い掛かるなんてスゴクないですか?
小鳥たちは強風の中を海況を渡ってくるだけでもタイヘンだと思うのに、やっと着いた途端に別の恐怖が
襲ってくるなんて渡りの厳しさを感じられます。

20151018-04.jpg

強風の影響か続々と到着するハイタカ達は高いところを通過するのではなく、
眼前の数mを通過して行ったりして大迫力です。

特に若い個体は渡りでいっぱいいっぱいなのか、はたまた人間に対する恐怖心が希薄なのか、
比較的近くで観察できることが多い気がします。
とはいっても一瞬で目の前を通過していくのですけれども・・・(^^;

そろそろタカの渡りも終盤戦です。
もう少しの間、寒さと強風と闘いながら鳥たちの渡りを見守っていきたいと思います。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

冬の気配・・・ジョウビタキ
  • + 2015-10-19 (Mon) +


ドンドンと秋が深まっている当地ですが、先日山のほうで初冠雪が観測されました。
もう冬もすぐそこまで迫ってきているということですネ・・・

さて、そんな冬間近な早朝の藪の中で見つけたのは全国的に冬鳥として到来するこちらの方

20151018-02.jpg

そうジョウビタキの雄でございます。
冬が近づいているのがこんなところでも分かりますねぇ。

このジョウビタキ、冬になればそこらへんに普通に居るよと思われる方も多いかと思いますが、
当地や地元では春と秋の渡りの時期にごく短期間見かけることができる程度なんです。

それでも春の渡りの時期には比較的出会うことも多いのですが、秋の渡りの時期に見られたのは
ボク的には貴重な出会いでした。

20151018-01.jpg

オレンジ色のお腹と黒い背中にワンポイントの白斑が目立つ姿なのですが、早朝の光と枯れ藪の中では
見事保護色ですね。

比較的人を恐れない鳥らしいのですが、もう少し近づいてきてくれないかと静かに見ていたのですが
残念ながらこの個体は慎重な性格なのかこの後藪に潜って姿をくらませてしまいました。

旅の途中の偶然の出会いだと思いますが、この時期はこんな出会いがあるから面白いです。
やっぱり時間があればなるべくフィールドを回らないと!
と、決意を新たにしたある秋の朝の出来事でした。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

空の申し子たち・・・アマツバメ(&イワツバメ)
  • + 2015-10-15 (Thu) +

それにしても一気に寒くなりましたネ。
ついこの前まで暑いと言っていたのがウソのようです。
急激な温度変化で体調を崩しやすい時期ですのでお気を付けください('▽`)ノ

鳥達も早足で駆け抜けていく秋に遅れをとるまいと続々と渡りを開始しております。
そんなこの時期は北の岬でもさまざまな鳥たちが渡っていくのを見ることができます。

20151011-01.jpg

遠くの空を集団で駆け抜けていくのはイワツバメの皆さんです。

20151011-02.jpg

そして、風切音が聞こえそうな勢いで頭上をかすめていくのはアマツバメの御一行。
この時はちょうど無風に近い状態で岬の上には羽虫が大量発生!

20151011-03.jpg

この羽虫たちを見つけたのか、アマツバメたちが渡りの寄り道で岬にやってきました。
餌に夢中なのか、それとも人間を気にしてもいないのか眼前をジェット機のように通過していきます。

20151011-04.jpg

このアマツバメ、繁殖期以外はほぼ空中で過ごすというまさに空の申し子(笑)
食事、睡眠、交尾まで空中で行うというのだから見上げたものです。
まぁ、見るからに飛ぶのが早そうな鎌形の翼は時速170km近くまで飛べるとMy図鑑に載っておりました。

ここでたらふく食べた後向かうのは南半球オーストラリアとのこと。
夏を求めて南から北まで行ったり来たりの生活は少し憧れますが、ものぐさなボクは
2往復もしたら途中下車してそこに居着いてしまいそうです(笑)
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

やっと初雁にご挨拶・・・マガン&ヒシクイ
  • + 2015-10-13 (Tue) +

連休中は強風に雨と天気に恵まれなかった当地です。
荒天の合間を縫って北の岬を覗きに行ったら、鳥たちが続々と渡ってきていて
季節が進んでいるのがよく解ります。

田園地帯は稲刈りがどんどん進んでおり、そんな稲刈りが終わった田んぼに雁たちが
落穂ひろいにやってきていないかと探してみたのですが、広大な田園地帯のドコを覗いても
どこにも雁の姿は見られず・・・orz

走り回るのに疲れて一休みした場所にたくさんのオナガガモが入っており、なにか珍カモでも
混じっていないかと目を凝らしていると突然の大きな羽音。

20151010-01.jpg

なにかに驚いたカモたちが一斉に飛び立った羽音でした。
よく見ればものすごい数のカモの群れの中に一回り大きな鳥影・・・
どうも雁が混じっていたようです。

20151010-02.jpg

カモたちとは別方向に飛びだしていったと思ったらだんだんと辺りから仲間が集まって一つの
雁の群れが出来上がっていきます。
やっぱり逃げる時の混乱時でもちゃんと仲間たちの動きを見ているんでしょうか?

20151010-03.jpg

この場所にはマガンのほかにヒシクイも混じって総勢30羽弱くらいだったでしょうか?
この後も何度か驚いて飛び立つのを見ましたが、中継地点とはいってもなかなかゆっくり
休めないようですネ(^^;

ココで一休みしたら再び南下していくのでしょうけれども、全員無事に目的地まで旅を
続けてもらいたいものです。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

じっくり見てみた結果は・・・タシギ
  • + 2015-10-09 (Fri) +

台風崩れが通過したと思ったらまたもや台風崩れが近づいてきております。
せっかくの連休も影響が残りそうな当地です。
皆さんも鳥見などに出掛ける時は天候の急変にはご注意ください。

さて、秋の渡りも本番を迎え、なにか珍しい鳥にでも出会えないかとウロウロ・・・
心ときめくような出会いもなく、車を止めて一休みをしていたらすぐそばの藪がゴソゴソ動いております???

20151003-01.jpg

なんだろうとみていたらひょっこり現れたのはジシギくん。
どうもこんにちわ(・∀・)ノ

ジシギの仲間は非常に似たものが多いので、素人のボクには難関なのですが、ちょうど良い機会なので
ちょっと粘って同定できる証拠集めに挑戦です。

20151003-03.jpg

それから40分後・・・
羽繕いを始めてくれました!
識別に有効な尾羽の状態を撮りたいのですが、全然広げて見せてくれません(泣)
辛うじて一番わかるのでこの状態。
ん~、正直よく解らん(困)

20151003-02.jpg

さらに30分後・・・
移動しようとしたところで足を取られておっとっと!というシーン(笑)
羽根の裏側のもようが少し見えました。
ここも識別になるポイントがあるようです。

結局、1時間以上粘ってロクな写真も撮れないでボクが根負けしました・・・orz
まぁ、初見の段階でほぼタシギだろうと踏んでいたのですが、数少ない資料写真?から
今回はタシギだと同定いたします。
#違ってたらドウしよう・・・(^^;

でも、久しぶりに腰を据えての観察は本来の鳥見の楽しさを再認識させてもらえました。
1羽の鳥を穴が開きそうなほど色々と観察するのもなかなか面白いものですネ。

ボクの鳥見修行はまだまだ続きます!
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

いつかは撮りたい瞬間・・・カワセミ
  • + 2015-10-05 (Mon) +

台風崩れの爆弾低気圧が通過して急に寒くなった当地です。
せっかく実ったリンゴが落下したニュースが流れたりと、当地でもそこそこ被害が有ったようです。
被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。

そんな暴風雨が過ぎ去ったある日、まだ強風が残っている中を珍鳥でも居やしないかと彷徨っていた時に
立ち寄った池でカワセミ♀に出会いました。

20151005-01.jpg

ボクからちょっと離れた枯れ枝の上に陣取り、辺りを見回しております。
しばらくしたところ、電光石火で水中にダイブ!
と、ここで餌を咥えて飛び出す瞬間の写真が来ると期待したところで!

・・・・・・

この時のエサ取りは残念ながら失敗でした。
そして、ボクのダイブ写真ももちろん失敗でした(^^;
そもそも、そんな見事な写真をボクが撮れるわけないじゃないですか(笑)

20151005-02.jpg

エサ取りに失敗したこのお嬢さん、狩場を変えて仕切り直しと思ったのか、ボクのほうに飛んできてくれました。

カワセミの目は偏光フィルターの機能を持っているとのことで、水中の様子が見やすくなっております。
釣りをする方ならご存知の偏光サングラスと同じ機能が既に装備済みということ。
釣りもするボクには羨ましい限りの機能です。

そして真剣に水中の様子を観察していたお嬢さん、ここで再びダイブ!

・・・・・・

今回は見事に成功!ちいさな魚をゲットしておりました。
そしてボクのダイブ写真は見事に失敗!

だから、ボクの腕じゃぁ無理だと言ってるじゃぁないですか(泣)
でも、いつかは皆さんが撮られているような見事なダイブ写真を撮れるよう日々精進していきたいと思います。
期待せずに?ご期待ください(^^;
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

追い求めている光景・・・ハチクマ
  • + 2015-10-01 (Thu) +

今日から10月!
今年もあと3か月しかないと思うとなぜか焦りを覚えてしまいます。

さて、ボクが教科書にしているとある鳥の本があるのですが、この本の表紙がモクモク湧き上がる雲を
バックにたくさんのタカ達によるタカ柱が見られる見事な写真なんです。
この表紙を見たとき、ぜひともこのような渡りの光景が見たい!と思いそれ以来北の岬に通っておりました。

が・・・
残念ながらまだそのような光景には出会えておりません(泣)
しかも時期的にモクモクと湧き上がる入道雲のシーズンは終了してしまい、
雲が高い秋の空に移っていく一方・・・
どうもこの件は宿題となりそうです(^^;

20150927-01.jpg

そんななかいつものように岬でタカの渡りを眺めていたら、1羽のハチクマJrが広い空の一部に
夏の名残のように湧いていた入道雲の前を通過して行ってくれました。

ご紹介するにはチョット時期を外しておりますし、ボクの見たい光景とはだいぶかけ離れておりますが、
今シーズンでは一番イメージに近い感じになりました(^^;
でも、いつかは入道雲バックのタカ柱写真をお披露目できるよう機会を狙っております。
お楽しみに!
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター