FC2ブログ

夏鳥たち続々到着・・・イカル&オオルリ&キビタキ&センダイムシクイ
  • + 2015-04-29 (Wed) +

今週に入って非常に好天が続いていますよね。
気温もグングン上昇して既に真夏日を記録した地域もあるとのこと・・・
もう春も真っ盛りということで、ホント季節の進みはあっという間です。

地元もご他聞にもれず春真っ盛りで、市街地はすっかり葉桜となりましたが、少し山に入るとまだかろうじて
桜が残っている場所もあるようです。

なぜか今シーズンまともに桜を見ていないので、そんな場所を探して覗いてみたのですが、
居ると思ったウグイスなどは見当たらず、ヒヨドリが花の蜜を味わいにきているだけ・・・

20150428-03.jpg

と、思ったら少し毛色の違う鳥が高いところに見え隠れしています。
覗いてみたらイカルくんでした。ご無沙汰です(・∀・)ノ

あまりしっかりと見たことがない鳥なのでじっくり見たかったのですが
高いところから降りてきてくれないうえに最後はヒヨドリに絡まれて飛び去ってしまいました(T_T)
今度はゆっくりお相手してくださいm(_ _)m

たしか去年もこのくらいの時期にイカルを遠目に確認したよなぁ~、確かそのときはほかの夏鳥たちにも
出会ったような気がして、そういう目線で山の中を進んでいくと・・・

20150428-01.jpg

でたぁ~!
夏鳥オオルリ君お久しぶりです(・∀・)ノ
密かに最近探していたのですがやっと再会できました。

が、このオオルリくんたらスゴイ警戒心が強くてまったく近づけません。
あまり無理しても悪いので、今日はこのくらいで勘弁してやるかと(笑)その場を後にします。

オオルリに再会できてルンルン気分で引き上げようかと、来た道を引き返していくと・・・

20150428-02.jpg

またまたでたぁ~!!
目の前を横切った鳥の黄色い背中はもちろんキビタキ君で間違えないでしょう。
と、すぐさま飛び去る方向を目で追うと、近づけない場所の枝で一休みしてすぐに姿を消してしまいました・・・orz
でも、とりあえず地元に戻ってきていることが分かっただけでも一安心です。

と、キビタキ君に集中していたらすぐそばの藪でガサゴソ動く怪しい影・・・

20150428-04.jpg

よ~く、目を凝らしたら同じく夏鳥のセンダイムシクイくんが動き回っておりました。
タイミング良く藪から顔を出したところをパシャリと記念撮影。

暖かくなって夏鳥たちも一気に地元の山に入ってきたようですね。
これから草木が生い茂ると、「声はすれど姿は見えず」という状態になってしまうので
夏鳥たちの美しい姿をみるのは今時期がチャンスです。
しばらくは山から目が放せませんネ。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/28)
スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

忍法!木遁の術・・・キバシリ
  • + 2015-04-27 (Mon) +

さて、昨日はちょっと珍しいカモに出会えたので先にご紹介させてもらいましたが、
本来登場予定だったのはこちらの方でした(^^;

20150425-04.jpg

とある森を散策していたら前の木にナニモノかが飛び込んできました。
かなり小さな鳥っぽかったのでなんだろうと気の裏側に回りこんでみたら
目の前に居たのはキバシリさんでした。
どうもこんにちわ(・∀・)ノ

20150425-05.jpg

ぱっと見ると木の幹に縦に止まってクルクルと幹を回りながら上っていく姿はキツツキのように
見えますが、スズメ目キバシリ科という別の種。
たしかに、日の光で透けてしまうほど薄いクチバシでは木をつついたら折れちゃますよね(^^;

20150425-06.jpg

小さいうえに羽色が木肌に似て居る保護色なので、非常に木の肌と見分けがつきにくいです。
そして、そのコンパクトな体を生かして木の幹を縦横無尽に動き回り、あっというまに高いところへ・・・
で、隣の木に飛び移ってまたクルクルと上っていく動きにへぼカメラマンのボクではシャッターチャンスが
なかなかありません。

ということで、ボクの腕では今はこのあたりが限界でした(>_<)

また見かけたらモデルになってもらいたいので、そのときは5秒でよいからじっとしてもらえると
助かるんだけどなぁ・・・(^^;

キバシリさん、そこんところよろしくお願いしますね。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/25)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

サカナじゃないよ、カモですよ・・・シマアジ
  • + 2015-04-26 (Sun) +

ゴールデンウィーク後半は諸々の理由で遠出できないため、前半?のこの週末は地元に
戻ることとしました。

途中見かける車は遠方からのナンバーも多く、ゴールデンウィーク突入をヒシヒシと感じます。
そんな中、のんびりとあちこちを覗きながら南下していたらすっかり午後も遅くなってしまいました(^^;

とはいえ、まっすぐ帰るのはもったいないのでいつも覗く場所を足早に回っていると、
とある場所でカモたちの集団を見かけました。
そこで、念のために覗いてみたら・・・

20150425-03.jpg

コガモやヒドリガモ、キンクロハジロなど色々なカモの混群のなかに、なにやら見かけない鳥が1羽
混じっていることに気づきました。

20150425-02.jpg

顔にある白い眉斑が非常に目立つこの鳥は、はじめまして!(^∀^)ノの「シマアジ(雄)」です。
シマアジというと高級魚の「縞鯵」を先に思い浮かべる人も多いと思いますが、こちらは「縞味」と書きます。

20150425-01.jpg

周りも探してみたのですが、ほかのオスや雌の姿は見つけることができず、この固体単独のようです。

モノの本によると春と秋の渡りの時期に日本を通過していくカモの仲間であまり数多くは見られないとのこと。
しかも、春の渡りは足が速いようで、あっという間に抜けてしまうことが多いらしいとのことでタイミングが
とてもよかったようですネ。

次はいつ出会えるか分かりませんが、今日、ボクがこの場を通りかかったときに、たまたまボクの目の前に居て
ボクの鳥眼5級の節穴の目に珍しく引っかかってくれたことに感謝したいと思います。
シマアジ君ありがとう、このあとの旅もお気をつけて~
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/25)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

アトリに続いて接近遭遇・・・コゲラ
  • + 2015-04-25 (Sat) +


今日からゴールデンウィークという方も居ると思います。
今のところ晴れマークが並んで絶好の行楽日和のようですネ。

ただ、春は駆け足で駆け抜けていっているようで、既に葉桜になってきている
ところもチラホラ見かける当地です。

さて、アトリとの大接近の興奮冷めやらないうちにまた1羽の鳥が遊びに来てくれました。
やぁやぁ、こんにちわ、コゲラさん(^∀^)ノ

20150419-04.jpg

暖かくなり、木の中の虫たちも動き出しているのか、ボクの周りの木をしらみつぶしに
探っていきます。

20150419-06.jpg

もしかしてまだ今日のご飯にありつけていないのか結構餌さがしに必死なようで、
ボクの存在など気にもしていないようです。
それでは、と半歩づつ近づいていくのですが全然警戒すらしておりません(^^;

20150419-05.jpg

またもや目の前まで来てしまいました(^^;)v
雄だと後頭部にチラッと赤い毛が見られるらしいですが、この子はいくら見ていても
見つからないので女の子かと思われます。

せっかく超お近づきになれたので、色々と愛くるしい姿を抑えておこうと思ったのですが
運悪くここで子供たちが大騒ぎしながら近づいてきちゃいました(>_<)

これだけ気にしないならそのまま留まってくれるかなと思いましたが、さすがに複数人で
騒ぎながら近づいてくる人間は怖かったようでサヨナラ・・・(^^;)/^^^
それでもアトリ君に続いてコゲラさんと超接近遭遇ということでますます興奮冷めやらぬ観察タイムでした。

果たしてこの幸運はいつまで続くか?
お楽しみに~と、無責任なことを言っておきながら
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/19)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

今日は出血大サービス?・・・アトリ と、お知らせ~(^ω^)
  • + 2015-04-22 (Wed) +

やっと咲き始めた桜があっという間に満開となった当地です。
今週末、各地は花見で盛り上がることでしょうねぇ(*´ω`*)

さて、桜も気になるのですが、渡りの鳥達も気になる僕はこの日もウロウロ徘徊です(笑)
とある遊歩道を歩いているとなにやら派手な小鳥が目の前の枝に降り立ちました。

20150419-02.jpg

お!これはこれは、アトリくんじゃぁないですか。
冬鳥とはいうものの、ボクは春先のこの時期ばかりお目にかかってます(^^;

普段は群れで行動している姿ばかり見かけるのですが、渡りの途中で仲間とはぐれたのか、
今日は単独1羽だけでの登場です。

20150419-01.jpg

それにしても近い・・・ホント目の前もいいところです。
いつもは遠くから眺めるだけで目の前でじっくり観察したことがないアトリくんでしたが、
今日は出血大サービスのようです。

しかし、じっくり見るとなかなか派手な色使いの鳥ですよねぇ。
鳥に興味を持つまでは、アトリ科という分類もあるのにこんな鳥がいるなんて全く知りませんでした(^^;

20150419-03.jpg

結局、あまりに近すぎるのでボクのほうから少し下がって、程よい距離から撮影させてもらいました。
でも、たまにはこういう自分から離れるなんていう贅沢もいいものですネ(笑)

次はどんな鳥が心を許して近づいてきてくれるのか楽しみにしながら・・・
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/19)

#おしらせ#
時折謎の情提供者として本ブログにも登場していたボクの先生でもある鳥見の先輩、Endoさんの
ホームページ”BiardLand秋田”と相互リンクをさせていただきました。
ボクなんかと違い、鋭い観察眼と広い行動範囲にハプニング満載の観察日記は読みごたえ十分!
是非ご一読くださいm(_ _)m

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

おぬしナニヤツ??・・・カヤクグリ
  • + 2015-04-20 (Mon) +

昨日はルリビタキに再会できて上機嫌だったボクです(笑)
だいぶ雪も消えてきたので、新たな場所を開拓しようと山の中に分け入ってみると
道の先でなにかがゴソゴソしています・・・

20150418-04.jpg

むむむ、おぬしナニヤツ???
なんかスズメみたいな羽しているけど、顔が全然違うし?
どす黒い顔になにやら眼つきの悪い顔・・・

よく観察したいのですが、なかなか藪から表に出てきません。
時々出てきてもすぐに隠れちゃうのでここはお馴染み持久戦。

20150418-06.jpg

相手が藪に入った隙に半歩前へ作戦を決行して接近を試みます。
が、その作戦の効果はさほどなく、ちょっとは近づけたけどやはり正体不明(^^;

図鑑は車の中だし、取りに戻ったら間違いなく再開できない自信がるので、
とりあえず撮影しておきくこととします。

20150418-05.jpg

結局、正体不明のまま彼?彼女?はいつの間にやら藪の奥に消えていきました。
そこで、その先の探検は中断して車まで戻って図鑑をめくりますが、該当する鳥にアタリません。
こうなった鳥の先輩方にお尋ねメールを出そうかと思った時、図鑑のページに目が釘づけとなりました。

おぉ!コイツだ!!
そこに書かれていた名前は「カヤクグリ」(,,・θ・)

名前は聞いてことがあるものの、姿かたちは全く頭に入っておらず・・・
勿論、今回が初の出会いです。

当地では夏鳥のくくりに入る鳥のようですが、ほとんど藪の中に居てなかなか姿が見れないとのこと。
どーりで藪から出てこない訳です(^^;

でも、その場でに名前が思い浮かばなかったのはまだまだ勉強不足ですよね(>_<)
これからは寝る時に図鑑を枕の下に入れて寝ようかと思ったとある日の出来事でした。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/18)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

遂に到着!夏鳥トップバッター・・・ルリビタキ
  • + 2015-04-18 (Sat) +

桜の開花宣言はあったものの、街中でも咲いている桜はごく一部。
山に至ってはやっと冬を抜け出したばかりといった当地です。

今日は晴れ時々雨という予報から遠出しないで家のそばを巡ってみることに・・・
昨年からちょくちょく覗いている場所ですが、鳥達はまだ動き出していないのか、
カラ類と藪の中をゴソゴソしているマヒワやベニマシコがちょこちょこ見かける程度。

もう少ししないと夏鳥たちは入ってこないのかと諦め気味に歩いていると
アオジの小群を見つけました。こちらに気づいて四方に散ったと思ったら1羽残っておりました。

20150418-01.jpg

うわっ!君はアオジじゃなくてルリビタキくんじゃないですか!
慌てて撮影したのですが、偶然背景にバッケ(ふきのとう)が入って春らしい写真が撮れました。(^^)v
まずは明けましておめでとう(^▽^)ノ

でも、この子は結構警戒心が強いようでこれ以上のお近づきは難しそう・・・
なんとかもう少しそのきれいな姿を大きく撮りたいなと思案していたら、そばの藪にもう1羽居るのが目に入りました。

20150418-02.jpg

こちらの子はだいぶ近くにとまってくれているのですが、薮の中で手前の枝が邪魔をして
スッキリとは撮らせてもらえません(>_<)

やっぱり突如現れたボクを警戒しているようで下手に動けば飛ばれてしまいそうです。
ここは動かないほうが得策ということでその場でじっと撮影していたんのですが、
気をきかせてくれたのか、バックショットも撮らせてもらえました。

20150418-03.jpg

当地では夏鳥のルリビタキくんが到着したということは他の夏鳥たちもすぐそこまで来ているのでしょうか?
山の中がにぎやかになるのももう少し?

なんだか凄く春を感じられた今日の観察日記でした。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/18)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

春めいた緑地から顔を出したのは・・・ミヤマホオジロ
  • + 2015-04-15 (Wed) +

各地から桜の開花の便りが届いておりますが、当地はまだ開花宣言がありません・・・

という書き出しを考えていたら、当地でも本日開花宣言が出されました。
祝!春到着!(笑)

そんな春が到着する数日前のこと、車を走らせていたら道路脇の草薮から尾が長く、
頭に黒っぽい模様のある茶色の鳥が飛び立ちました。

20150409-02.jpg

春のこの時期、ヤブから飛び出すそんな鳥はほぼホオジロと決まっているのですが、先日の例もあることから
車を止めて要確認です。

すぐ先に降りてタンポポが咲く草葉の陰からひょっこり顔を出したのは、ホオジロはホオジロでも
ミヤマホオジロでした。
コンニチワ(≧∀≦)ノシ

20150409-03.jpg

ツンツンのモヒカンヘアに黄色いメッシュが入ったチョイ悪でおしゃれ?なスタイルは一度見ればファンに
なってしまうこと請け合いです(笑)

20150409-01.jpg

静かに見ていたらこちらに戻ってきてくれてやっと全身を見せてくれました。
当地では冬鳥とされてますが、それほど数が多くないのかボクはあまり見かけない鳥でもあります。
正直に言えばもう大陸に渡ることなのに、やっと今シーズンお初の出会いでした(^^;

最近は鳥たちの移動が本格化しているので色々な鳥を見かけますが、この小さな体で海を渡っていくと思うと
毎回見かけるたびに頑張れよと思ってしまうボクなのでした。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/09)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

紅猿子と書くものの・・・ベニマシコ
  • + 2015-04-13 (Mon) +

昨日のイスカの赤つながりで、今日も赤い鳥に出会った時のお話をば・・・

いままで行ったことのない、とある山道に入ってみたのですが、場所が悪いのかタイミングが悪かったのか、
鳥たちの気配が何も感じられませんでした。

まぁ、そのこと自体はよくある話なのでドウでも良いのですが、
見切りをつけていざ引き上げようかと思ったらすぐ先の笹薮から小鳥たちが飛び出しました(^^;

茶色い集団の中に赤っぽい姿が混じっていたので、さてはヤツらだなと彼らが飛び去った方向に
コッソリと忍び足で近づいて行ったら・・・

20150411-03.jpg

春を感じさせる花芽を付けたばっこ柳?の木に10羽ほどのベニマシコ達が居ました。
雌の地味な姿とは対照的に、雄は赤と白が入り混じったまるでいちごミルクのようなおいしそうな(笑)
色合いが凄く目立ちます。

20150411-01.jpg

ベニマシコの名前の由来が赤い顔の猿になぞらえたもの、ということらしいですが・・・
ん~、ボクにはそれほどサル顔とは思えないのですが、皆さんはどう思いますか?

20150411-02.jpg

普段見かける時はいつも首をすくめていて丸みを帯びたシルエットに見えますが、
目の前の餌を夢中になって食べているとにゅ~っと首が伸びてまるで別の鳥のようです(^^;

当地では冬鳥ですがMy図鑑によると北海道では夏鳥として分類されておりました。
特に最近は遭遇率が高いことから北に向かって移動中の小群なのかもしれませんね。
彼らがこの先無事に北海道までたどり着けることを祈って・・・
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/11)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

謎が謎を呼ぶその姿・・・イスカ
  • + 2015-04-12 (Sun) +

先日の話です。
海岸線沿いの道を走っていたら、道端の松の中に何かが動いているのに気付きました。
通り過ぎる一瞬に気付いただけなので、そのままUターンしてきたのですが見当たりません。

絶対に居たはずなので、車から降りてじっくりと探索すると、松の木の中からひょっこりと
顔を出したのはこの方。

20150406-04.jpg

はじめまして(・∀・)ノ のイスカさんです。
図鑑では知っていたのですが、実物にお目にかかるのは初めてでした。
赤というか橙というか目立つ色合いのようですが、案外周りに溶け込んでいて
気付きづらいのかもしれません。

20150406-05.jpg

驚かさないようにゆっくりと近づいて行ったのですが、ボクのことを特に気にする感じでもなく、
逆に撮りやすい高さまで降りてきてくれるというサービスたっぷりの子です。
もう一羽、雌も居たのですがコチラはまったく松の中から出てきてくれず1枚も撮影できず(>_<)

でも、雄のほうはお近づきになれたお蔭で、大きな嘴で松の球果から器用にちいさな実を
取り出して食べて居る様子をじっくり観察できて満足です。

20150406-06.jpg

その後、なんとかイスカの最大の特徴である嘴を写したいと思っていたら、
体の向きを変えてくれたおかげではっきり写真に残すことができました。

なんでこんなに交差した嘴なのにあんな小さな実を取り出せるのか不思議でなりません。
というか、口の中も乾きそうだし、そもそも使いづらい構造だとおもうのですが・・・

モノの本によると、生まれたときは普通の嘴なのが成長するにつれて左右互い違いに
なってくるとのことや、左右どちらに交差するかに決まりがないなんて書いてありました。

そういう豆知識を得て改めてその姿を見ると、ますます謎が謎をよぶ不思議な鳥だと思いませんか?
イスカたちって・・・
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/06)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

奇跡のツーショットを狙う?!・・・ヒメコウテンシ&シベリアジュリン
  • + 2015-04-11 (Sat) +

まぐれで珍しい鳥達に出会えたので、もう少し引っ張らせえください(笑)

車に驚いて飛び去ったシベリアジュリン待ちをしていた時のこと、
この日もヒメコウテンシが現れてくれました。

20150407-07.jpg

やはり、あまり警戒心がないようで勝手に向こうから近づいてきます。(嬉)
シベリアジュリンもこうだったら良いのになぁなどと、贅沢なことを思っていると
何かを感じ取ってくれたのかシベリアジュリンもやってきました。(嬉*2)

20150407-05.jpg

でも、やはり結構な距離を置いていてお近づきは難しい感じで、実際この写真はトリミングしております。
足元にはヒメコウテンシ、その先にはシベリアジュリンという奇跡のような状況で撮影していると、
珍しくヒメコウテンシが飛びました(汗)

20150407-06.jpg

どこに行くかと思ったら、なんとシベリアジュリンのそばに着地です。(嬉*3)
むむむむ、これは一生に一度あるかないかというより、奇跡の状況なのでは?と、慌てて撮影しますが、
お互いすぐそばにいるはずなのに超望遠レンズの悲しい性、被写界深度が浅いため両方にピントがきません。

20150407-04.jpg

しかし、ヒメコウテンシが近づいてきてくれたのと、絞りを少し絞り込んだ効果でなんとか両方にピントが
合いそうだと思った矢先、なななんと車が走ってきます。(>_<)
飛ばないでくれ!というボクの魂の叫びは彼らには届かず、案の定シベリアジュリンは飛んでしまいました・・・(T_T)

それでも、さすがはヒメコウテンシ。動じないで居座ってます。
顔の表情をみても車が通過したことなんて、なーんも気にしてない感じです。

結局、奇跡のツーショットは3枚のみでしたが、たとえ証拠写真以下であっても大満足!
多分しばらくの鳥運は使い切ったのではといった感じです(^^;

ということで、今後ブログの内容がカラスやらスズメばかりになったら
コイツやっぱり運を使い切ったんだなと笑ってやってください。

さて、次回の更新は如何に?!
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ (Date:2015/04/07)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

こちらもお初にお目にかかります・・・シベリアジュリン
  • + 2015-04-10 (Fri) +

先日、謎の鳥としてブログにアップさせてもらったヒメコウテンシと出会う前に見かけた
見慣れぬ鳥が気になっておりました・・・
ということで、翌日少しだけ時間があったので早朝再チャレンジ!w

ネットを見ていたら既にブログに書かれていた方も居たので名前は判明していたのですが、
こちらもなかなか珍しい鳥なので是非とも証拠写真でも良いので押さえておこうと出撃です。

20150407-01.jpg

現場に到着すると既に居りました。ヽ(*´∀`)ノ
前回同様、ホオジロと一緒に行動しております。

この明らかにホオジロ達とは体色の異なる鳥はシベリアジュリンとのこと。
ぱっと見、顔がオオジュリンに似ておりますが体の色が明らかに白っぽくてモノトーンのようです。

20150407-02.jpg

ヒメコウテンシとは違って結構神経質なようで、ちょっとした物音に対してもホオジロたちよりも
素早く反応するので、お近づきになりたくても結構な距離感を保っていないと直ぐに飛び立ちます。

ということで向こうから近づいてきてくれるのをじっと待っておりましたが、だんだん近づいてきたなと思うと
車が通過して飛び立ってしまう、ということを何度か繰り返しているうちに時間切れで泣く泣くお別れです。

20150407-03.jpg

撮影した写真の中から一番お近づきになれてまともに写っている1枚がこの写真ですが、
夏羽に換羽中で顔の周りが複雑になっているせいか、なかなか黒いお目目がはっきり見えません(>_<)
が、識別ポイントの一つである下嘴のピンク色がかろうじて判るのでボク的には満足しておくことにします。

でも、ヒメコウテンシに続きシベリアジュリンと、お初の鳥、しかもいわゆる珍鳥に部類される鳥を立て続けに
見れて大満足の日としないとバチがあたりますね(^^;
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ (Date:2015/04/07)


テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

じつはダメ亭主?・・・オシドリ
  • + 2015-04-08 (Wed) +

田んぼの一本道をとろとろと走っていると、前方に何やらゴソゴソ動くものが・・・
鳥であるのは間違えなさそうなので、さらにトロトロと近づいていくと

20150405-06.jpg

オシドリのカップルでした。
当地では冬に見かけることないので夏鳥の括りでいいんでしょうか?
既に雄は派手派手な夏羽に変身済みです。

20150405-07.jpg

ちょっと警戒されてしまったようでトコトコと仲良くボクから離れていきます。
後ろから見ると雄の首の毛がまるでタテガミみたいですよね。
ちゃんと整髪料とコームで梳かせばカッコイイ髪型できると思うんだけどなぁ(^^;

あと、すんごい目玉が大きいですねぇ。あれだけ飛び出しているならほぼ全周が見える
魚眼レンズみたいになってるのではないですかね?

20150405-08.jpg

バカなことを考えていたら愛想を尽かされたのかお二人とも遠くに飛んで行ってしまいました(>_<)
普段はこういった水田地帯ではなくどちらかというとヒト気のない森の中の沼地なんかに居ることが
多いので多分旅の途中だったのでしょうね。

初夏のころ、そういった沼地を覗くとたくさんのひなを釣れたお母さんに出会えるので皆さんも
ぜひ探してみてください。

あっ、有名な話ですが本物のおしどり夫婦仲睦まじくいつも一緒なのではなくて、
どちらかというと雄がまとわりついているうえに、お相手は毎年変わっています。
しかも、雄はメスが卵を産んだら一切育児をしないダメ亭主というのが真相ですので、
世の女性の方々はおしどり夫婦が理想なんていうと、ととんでもないことになりますよ(爆)
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/04/05)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

情報求ム!・・・???⇒ヒメコウテンシ
  • + 2015-04-06 (Mon) +

さて、ちょっと見慣れない鳥に遭遇したので取り急ぎのアップです(^^;
この顔を見てピンと来た方は何卒ご教授願いますm(_ _)m

とある荒地を通りかかると、ホオジロに混じって見かけない鳥が目に留まりました。
が、いかんせん遠い・・・

とりあえず証拠写真を抑えておこうということで撮影していたらあっという間に飛ばれてしまいました(>_<)
その後再度出てきてくれないかなぁと待っていたらすぐ目の前になにやら小鳥が・・・

20150406-01.jpg

先ほどとは違う鳥ですが、何ですかこの鳥???
ヒバリのように見えますが、毛色が薄いし、くちばしの形がなんか違う。
手元に図鑑がないのでとりあえず後で調べようということで色々とパシャパシャ。

20150406-03.jpg

胸の模様を見るために正面カットを確保

20150406-02.jpg

背中の模様を押さえるためにバックショットもゲット~

この子を見ているとホオジロたちとは別に単独行動しております。
しかも、あまり警戒心がないのか結構目の前まで出てきてくれました。

とりあえずネットで調べているのですが、とりあえずヒバリではないということは
分かりましたが、ボク的にはヒメコウテンシかコヒバリかなぁと・・・
どちらだとしてもあまり見られない鳥らしいので珍鳥ゲットってやつかも(((゚Д゚)))アワワ

ホントこの系統のホオジロとかヒバリの仲間って鳥目5級のボクには難関です。
改めて、みなさんなにとぞよろしくお願いしますm(_ _)m
へばまた(・∀・)ノ

Endoさんはじめ皆様よりアドバイスをいただきヒメコウテンシと判明しました。
ふだんじゃ見ることができない珍鳥でした。今頃になってドキドキしてきております。
アドバイスくださった皆様たいへんありがとうございました。



EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ (Date:2015/04/06)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

まるでもぐらたたきのような・・・ウトウ
  • + 2015-04-06 (Mon) +

昨日の好天と打って変わって早朝から霧雨が降って視界不良の当地です。
体調が戻ったので、朝から外に飛び出したもののこの悪天候・・・
昨日ダラダラ過ごしたボクの行いが良くなかったのでしょうか(T_T)

おまけに東寄りの風が結構強く吹いています。
いままでは冬型の気圧配置で西寄りの風が多かったのがだんだんと
夏型気圧配置に変わってきているということなんですかね?

ということで、よく覗いている港も風向きが変わればなにか変化がないものかと
覗いてみますが、港内は静かそのもの。
それではと、車から出て防波堤の上か覗いた外洋には・・・

20150405-01.jpg

やはり遠いですが、先日もお会いしたオオハムさんが群れで居りました(@_@)!
よくよく観察すると周囲に7,8羽居るようです。

もしかしたらオオハム以外のお初となるアビ類が混じっていないものかと、
うねる波間を漂うけし粒のような鳥影を見ていたら、ちょっと毛色の違う鳥が
ファインダー内を横切っていくじゃぁあ~りませんか!(古)

20150405-02.jpg

あの特徴的な嘴はもしやお初となるウトウ?
そうとなったらお馴染みの持久戦です。

強風吹きすさぶ防波堤の上で時折波しぶきが飛んでくるのを
カメラに防水シートをかぶせてじ~っと待機。うぅ、寒い・・・

20150405-03.jpg

お!少し近づいてきた!
でも、普通の海鳥と違って一度潜るとしばらく浮いてきません。
しびれを切らしたころに全然別の場所にポコンと出てきます。
そして、その姿をファインダーに入れる前にすぐに潜水してしまう行動は
まるでモグラたたきのようです(^^;

20150405-04.jpg

それでもめげずに視線を広くとって粘っていたら、いきなり目の前にポコン!
運よく一発でファインダー内に収まったのに今度は波の動きでAFがバタついて
一番良いシーンは盛大なピンボケ写真(>_<)
そのあとに何とかおさめたのが後ろ向きですが今日のベストショットとなりました。
でも、なんか撮ったというより撮れてた感が強くて気持ち的には再チャレンジですね。

お初にお目にかかりましたが、図鑑では変な顔だなぁと笑っていたのですが、
実物を見ると愛嬌はあるけど結構凛々しい顔だなんて思ったのはボクの目が
おかしいんですかね?
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ (Date:2015/04/05)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

次のチャンスはだいぶ先・・・皆既月食
  • + 2015-04-05 (Sun) +

今日はスゴイ良い天気だった当地です。
時期的にも鳥たちが動いている時期なのでウロウロしたかったのですが、
ちょっと体調がすぐれないので家に閉じこもっておりました(^^;

夕方、テレビをぼんやり見ていたら今夜は皆既月食とのこと。
じぇじぇ!(古)、すっかり忘れてた(>_<)

こんな天気ならよく見えるべなぁ・・・
と、窓の外を見ると建物の隙間から少し欠け始めたお月様が見えます。

体調はだいぶ回復したので、家のすぐそばで皆既月食タイムの間だけ観測と決め込みました。

20150404-01.jpg

天気が良いようですが、1枚ベールをかぶったような春特有の霞空に
上空の気流が安定していないのか、ファインダーを覗くとユラユラと
大気が揺らめいていてあまり観測条件としてはよくない状況。

何枚か撮影してみましたが、あまりのモヤモヤ写真にやる気をなくして早々に引き揚げちゃいました。

20141008-01.jpg

この写真は今回のものではなく、前回の2014年10月8日のときのもの。
拡大表示すれば一目瞭然ですが、さすがの秋の空の透明度で解像度よく写せました。

ホントはこのような写真を今回も撮りたかったのですが、天気ばかりは何ともなりませんネ。
次回の皆既月食は2018年1月31日、当地ではその時期に星空が見れることは絶望的。
その次は2018年7月27日、今度は月が沈む直前の月食なのでイマイチ・・・

そうしていくと時期的に&時間的に良さそうなのはその次の2021年5月26日
と、だいぶ先の話になってしまうようです・・・無念!
へばまた(T∀T)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM + 1.4EXⅢ (Date:2015/04/04)

テーマ : 宇宙
ジャンル : 趣味・実用

狭い場所に3種集合・・・ハジロカイツブリ&アカエリカイツブリ&カンムリカイツブリ
  • + 2015-04-03 (Fri) +

先週よりサボっていた分を挽回するために連続更新で頑張ってみましたが、
今日でいったん小休止として、通常更新ペースに戻させてください(^^;

さて、今回はちょっと日付を遡って1週間ほど前の観察日誌です。
そろそろ鳥たちの移動も活発になってきているということで、気になるところは横着せずに
覗きながら徘徊していたのですが、とある港を覗いてみたら色々な鳥たちがプカプカ浮いておりました。

20150325-06.jpg

最初に目についたのはハジロカイツブリの集団。
ついこの間まで灰色の冬羽だったのに、すでに黒金のド派手な夏羽に換羽している個体が殆どでビックリ。
しかし、何度見てもこの姿はハデですよねぇ・・・(^^;

20150325-07.jpg

反対側を眺めてみると一回り大きな鳥たちが目に留まりました。
写真を撮って拡大してみたらアカエリカイツブリのようです。
どうもどうも、お初にお目にかかります。

図鑑と見比べてみると皆さんはまだ冬羽でいらっしゃるようですね。
種類によって換羽の時期って異なるんでしょうねぇ
次回はその名の通り朱い襟(首)になった夏羽の姿を見せてくださいネ(^∀^)ノ

20150325-08.jpg

そして港内側に目を向けるとすぐそばをカンムリカイツブリが通過していきます。
こちらはすでに立派な夏羽に変身済みです。

My図鑑では冬鳥と書かれてますが、どうもココ最近はこちらの地方では夏も滞在して
普通に繁殖している場所が増えてきているようです。

それにしてもたいして大きくない港に3種類のカイツブリが滞在していて観察できるなんて得した気分でした。
実は国内にはあと2種類居るのですが、残念ながら全員集合とはなりませんでした。残念!
まぁ、そもそも1種は淡水系なので、海で全員集合は土台ムリなのは皆さんご承知の通りなんですけど・・・(^^;
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/03/25)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

その冠羽が波平さんのようで・・・タゲリ
  • + 2015-04-02 (Thu) +

地元秋田での観察日記は今日でいったん終了です。
まだ、ストックはあるのですが写真整理が追い付かなくなってきたもので・・・(^^;

先日、青森に戻るときに通った水田地帯の畦道になにやら黒っぽい鳥達が
ガサゴソしているのが目に留まりました。

ムクドリ達ならなにか珍しい鳥でも混じっていないかなぁ
と思いながらも、車は急には止まれないということで大きくぐるりと回って戻ってきてみると・・・

20150329-05.jpg

タゲリ達でした(^^;
さすが鳥眼5級だけあって、すっとこどっこいな解答に我ながら脱力w

しかし、背中のメタリック感のある緑紫色?は何度見ても不思議な色合いです。
そして特徴的なのがサザエさんに出てくる波平さんのような冠羽。
この日は多少風があったので、風にたなびいている姿に思わず笑っちゃいます。

20150329-06.jpg

My図鑑をもとに観察してみると雄は冠羽が長くて顔も模様も白黒ハッキリした感じで、
雌は冠羽が短めで顔も模様に褐色が混じるなどと書いてありました。
と、いうことは最初の写真は雌で、この写真は雄になるんですかね?

20150329-04.jpg

ノンビリと餌を啄んでいたと思ったら、何かに驚いて急に飛び立ちました。
飛んでいると体の白い部分と黒い部分のコントラストが目立ちます。
た、ヒラヒラと独特の飛び方をする感じで慣れればすぐに識別できそうな感じがするのは
初心者の浅はかな考えなのでしょうか?

図鑑では冬鳥と書かれておりますが、こちらの地方では春先と秋口に通過していくだけなので
いつでも見れる鳥ではありませんが、見た目が綺麗ですし、個人的には毎シーズン一度は
お目にかかりたいと思わせる鳥であります。

ということで、タゲリさんこの後青森に戻るのでそちらでもお会いできること楽しみにしておきますね。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/03/29)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

嬉しいことに間近で観察・・・ハイイロチュウヒ(雌)
  • + 2015-04-01 (Wed) +

今日は4月1日のエープリルフール!
せっかくだから何かとてつもない珍鳥でも見たとか、大ホラでも吹こうかと
思ったのですが、何が超珍鳥なのかもよく解らないので通常更新です(笑)

日付が前後しますが、再び先日の地元での観察日記です。
ウロウロしていたら葦の草原に出くわしました。

こういう場所には今時期ホオジロ科の鳥たちがゃうじゃ隠れているんだろうなぁ
なんて考えながらゆっくり車を進めるとたしかにあちらこちらから小鳥が飛び出します。
ホオジロ、カワラヒワから既に頭が黒い夏羽に換羽途中のオオジュリンも結構見かけます。

すると少し先の葦原から1羽の猛禽が飛び出しました。
ん?ノスリかなと思いきや

20150327-04.jpg

ヒラヒラと独特の飛び方をするのはハイイロチュウヒのお嬢さんです。
今シーズンは各地でお見かけしていたんですが、今日は結構近くを舞ってくれたので
その姿を撮影できました。

しかも、ありがたいことにその後もっと寄ってきてくれたので

20150327-05.jpg

ハイチュウ識別ポイントとしてよくあげられる腰の白い模様もしっかりとゲット。

20150327-06.jpg

また、お腹側を見れば風切羽にしっかりとした横斑を確認できたので
こんな僕でも自信を持ってハイイロチュウヒの雌と同定できました(^^)v

My図鑑ではお子ちゃまは目の色が褐色ということですが
写真を見る限り、ハッキリ黄色い虹彩だから成鳥ということだと思います。

ボク的には遭遇率がなぜかタダチュウ(ただのチュウヒ)より高いハイチュウ雌
なのですが、それでも出会えればワクワクする鳥の一つです。

でも、結局今冬の目標の一つとしていたハイチュウ雄成鳥は某所で
らしき後姿をチラ見しただけで終わってしましました。

だから、来年はぜひとも夫婦でこの地に帰ってきてもらいたいものです。
へばまた(・∀・)ノ

EOS 7DmarkⅡ + EF500mm F4L IS ⅡUSM (Date:2015/03/27)

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター