馴染みがないもので・・・
  • + 2017-10-03 (Tue) +

ふと気づくと10月を迎えて今年も残り3か月となりました。
ハチクマの渡りのころはまだまだ日差しが強く、暑いくらいだった当地も
最近の朝晩の冷え込みはもう一枚羽織らないとと思わせる気温です。

秋も深まり先陣を切って南下していったハチクマたちも今は一日見ていても
数羽渡れば御の字で、そのほとんどが幼鳥なことからハチクマの渡り終了も間もなくでしょう。

この秋もタカの渡りをメインに観察を続けていたのですが、地元に戻って変わったことは
サシバの渡りが見られることでしょうか。

04i17-01.jpg

青森ではめったに繁殖していないサシバですが、地元の秋田では数はそれほど多くはないものの
繁殖しており、今シーズンも空を見ていると南下していく個体を時々見かけておりました。

そんなことから今まであまりじっくり観察したことのない種のために一目見てすぐに識別がつかず
???となることもたびたびです。

04i17-02.jpg

でも今シーズンは少ないながらもサシバを見ることができたのでしっかりと目に焼き付けたつもりなのですが
もともとの脳の記憶容量が小さいせいで一冬超すとすっかりリセットされてしまっている自信があります(^^;

でもこれからも少しづつ記憶に焼き付けていければ、そのうち自信が持てるようになるかなぁと
お気楽に考えている今日この頃です。

そしてもう少ししたら次の渡りの主役のノスリたちも動き出します。
これから冬に向けてまだまだ楽しみなシーズンが続きそうでワクワクな毎日が続くので
時間が取れる限りフィールドに出ないとなぁと企んでいるところで、、、
へばまた(・∀・)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

今年はどんな動きとなるんでしょうか?
  • + 2017-09-18 (Mon) +

台風18号が接近してきて風が強くなって切っている当地です。
当地への最接近はニュースなどを見ると本日朝9時ごろでしょうか?
ありがたいことに?祭日ですが、朝から出掛ける方必要がある方は十分のご注意ください。

さて、秋といえばぼくの中ではタカの渡りがメインイベントです。
この時期はいつもの鳥見スタイルと変わって、ひたすら識別とカウントに勤しんでおります。

そんな秋のタカの渡りのメインイベントの一つがハチクマの渡り。
毎年図ったように9月になるとボチボチ動き始め、15日頃から一斉に南下を開始します。

17i17-01.jpg

でも今年はこの一番大事な時期に台風18号が直撃するという事態が発生したので
ハチクマたちの渡りにどのような影響が出るのか気になるところです。

16i17-01.jpg

それでも今のところ日を追うごとに徐々に渡り個体の数が増えていっており
先日やっと今年初ハチクマ柱(タカ柱)に出逢えました(・∀・)

しかし毎度タカ柱を見た感動を残したくて鼻息荒く撮影し、見返してみてガッカリな出来となるのが定番の
タカ柱撮影ですが、見事な写真を公開しているベテランの皆様はどのような撮影をしているのでしょうかね?
自己分析では撮影センスがないのと、毎度柱の中身を数えるほうに気持ちがいってしまっていて
撮影に集中していないからではないかと薄々感じております(^^;

14i17-01.jpg

勿論タカ柱ばかりではなく、時折近くを通過してくれるサービスの良い個体はありがたく撮影させてもらってます。
この個体はなんだか足を怪我しているのかと思ったのですが、その後見続けているとちゃんとしまったので
ただ単にだらしないヤツなだけのようです(笑)
でもよく見るとすごい爪ですよね、、、あんなのにつかまれたら大ケガ必至です((((;゚Д゚))))

今年も今月初めから渡りを観察しておりますが、そろそろ幼鳥の割合も増えてきて
ハチクマの渡りのピークを迎えたように感じております。
台風通過後に乗りの幼鳥メインの集団が通過してあとは徐々に数を減らしていく・・・
多分今年のハチクマの渡りはそんな風になるのではと想像しております。

まずは大きな被害を出すことなく台風に通過してもらうことを願って・・・
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

謎の飛行物体は県初記録?
  • + 2017-09-12 (Tue) +

またもやしばらくの放置状態となってしまい申し訳ござませんm(_ _)m
既に朝晩は肌寒くて夏が終わってしまったことを否応なしにも実感させられる最近の当地です。

鳥たちも少しづつ動き出していおるようで、僕の中で秋の定番であるタカの渡りも
そろそろ本格シーズン到来となるはずでワクワクしている今日この頃です。

先日シーズンインに先立ち、自宅近くで市街地を一望できる見晴らしの良い場所で
何か渡らないかと空を見上げていたら1羽の大型鳥類が林の向こうから現れました。
パッと見で翼が長くて下面が白いことからミサゴ?と思ったのですが・・・

08i17-01.jpg

双眼鏡を覗いてみると、むむむ!!首が長いゾ!
すぐさま脳内図鑑と照合しますが、一致するものが出てきません。
サギの仲間なら首を縮めて飛ぶはずだし、となるとツルの仲間???
トキ科にしてはデカイし・・・?コウノトリは先日僕の鳥先生が見つけて秋田にやってきたという記事が
新聞に出ていたから姿かたちはよくわかてるし・・・

08i17-02.jpg

とりあえず見たことない鳥なので慌ててカメラを準備して証拠写真撮影です。
そのあいだも謎の鳥は悠然とやや低空を市街地方向に向かって飛んでいきます。

08i17-03.jpg

特徴的なのは暗褐色の体によく目立つ白い体下面です。
何者かよくわからないまま撮影するのもなんだか気持ちが悪かったのですが、
とりあえず何枚か撮影できたころには市街地上空をそのまま一直線に通過して
ファインダーのなかで点となって消えていきました。

結果、手持ちの図鑑などを照合したらどうもナベコウ幼鳥のようで、記録によれば
秋田県では初記録となるかもしれません(@_@)!

本来迷鳥として冬から春の記録が多いようですが、まだ冬と呼ぶには早すぎる時期です。
ものの本によれば渡り鳥たちは磁場を感じながら遠い目的地を目指すといいます。
もしかしたらちょうど世間を騒がせていた太陽フレアによる磁気嵐の影響で方向感覚が
狂ったのでしょうか?

だとしたら無事に大陸に戻って本来の目的地であるユーラシア大陸南部を
目指してもらいたいものです。

今回はタカの渡りのはずが思いもよらない出逢いとなり印象深い一日となりました。
こういうことがあるから鳥見ってやめられないんですよね!
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

夏の冬鳥・・・
  • + 2017-09-04 (Mon) +

仕事で暫く県外に行っていたのですが、帰ってきたら随分と秋めいてきて服装に戸惑う当地です。

こんな秋の空気を敏感に感じ取って鳥たちも動き出すのではとワクワクしているのは
ご覧の皆様も同じなのではないでしょうか?

そんな秋の気配を見つけにウロウロしたある日、水辺に居たのはカワアイサの小群です。

基本的には冬鳥とされるカワアイサですが、当地ではごくごく少数が越夏しているようで
時折見かける場所があります。

19h17-01.jpg

普段冬に見るときは水に浮かんでいる姿か、ボクの姿に驚いて飛んで逃げていく後ろ姿しか
見ていないせいか、思いのほかゴツイ足にびっくりです。

19h17-02.jpg

パッと見ではみんなメスに見えますが、もしかしてこちらの左側の個体はオスの非繁殖羽なんですかね?
ちょっとネットで調べてみましたが、はっきり判断できませんでした(^^;

もう少しすると換羽が進んでオスメスの区別がつきやすくなってくると思うのですが・・・
次に見かけたときに変化があるか注目してみますネ(・∀・)
お楽しみに~

9h17-03.jpg

へばまた(・∀・)ノ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

夏の浜辺の片隅で・・・
  • + 2017-08-21 (Mon) +

お盆休みは終わったのに全然仕事や勉強に身が入らない人は正直に挙手しなさい。

(・∀・)ノハイッ!!!
僕は残念ながらお休みはなかったのですがなんか休みボケしているようです(^^;

これではイカンと外に出てみるもののちょうど端境期なのか鳥の姿が少ないです。
この時期気の早いムシクイ類やシギチが動き出してもいいのになぁとウロウロしてみて
やっと海岸で出逢えたのがトウネン達・・・

13h17-01.jpg

13h17-02.jpg

ん?よくよく見たらミユビシギでしたネ(^^;
しばらく暑くてダラダラしていたら、ただでさえ低性能の鳥まなこが増々錆びついてきているようで・・・orz

とはいうものの、夏の砂浜は写真撮影には過酷な条件ですが運よく空気の揺らぎも少なくて
辛うじてネタになる写真が撮れました。

ということで灼熱の砂浜でダラダラ過ごしていたミユビシギたちの前をタイミングよくシロチドリが
駆け抜けていき、ミユビシギたちが何事だ?と振り返った瞬間が今回の鳥見のマイベストです(笑)

もう少し季節が進めば鳥たちも動き出すのではないかなぁ~
と、ほんの少しだけ秋の気配を感じさせる空の雲を見上げながら
少し心がワクワクしてきた夏の終わりのつぶやきでした。
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター