たまにはのんびりしてみるものいいものだ・・・
  • + 2018-06-18 (Mon) +

暫く肌寒い日が続いたと思ったら、また暑さがぶり返してくるようで
湿度の高さと寒暖の差が相まって体調管理が難しい当地です。

既に山の中は木々が青々と生い茂り、下草も一番勢いがある季節。
声を頼りに姿を探すということが出来ないボクには厳しいシーズンの到来です。

それでもこの時は周辺にクロツグミが複数いたようで木々の切れ間からチラチラと姿を
見掛けることが出来ておりました。

しばらく観察しているとお気に入りの場所があるようで、そこならば姿をしっかりと見れるかな?
と、腰を据えてお茶を飲みながら待っていると・・・

21e18-01.jpg

ビンゴ~♪
クロツグミも♂が現れました。
黒と白に黄色というコントラストの強い色の組み合わせは濃緑の中でも目を引きます。
当地ではさほど苦労せずに見かける鳥ですが、Myランキングではカッコ良い鳥ベスト10?
に入る鳥で、見かけると嬉しくなる鳥のひとつです。

21e18-02.jpg

何羽か追いかけっこをしているようなので少し様子を見ていたらクロツグミの♀も顔を出しに来てくれました。
オスに比べたら地味というか質素な色合いですが、これはこれで詫び錆びな感じでやっぱり素敵です(・∀・)

クロツグミって見掛ける割にじっくり観察したことが無かったため、今回は楽しいひとときを過ごせました。
たまにはこういったお茶を飲みながらのんびりした鳥見も良いものですねぇ。
と、認識を新たにしたところで・・・
へばまた(・∀・)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

快晴は撮影日和とは限らない・・・
  • + 2018-06-15 (Fri) +

遂に東北北部も梅雨入りしたとのこと。
これからひと月くらいはムシムシ&ジメジメを我慢しないとと覚悟しましたが、
週間天気を見るとなぜか晴れマークが並んでたりします。

やはり外であそぶには晴れているほうが気分も良いですよね。
ちょっと前の出来事ですが、この日も雨の後の晴れで、空気は澄んで絶好の撮影日和!

20e18-08.jpg

あちらこちらでヒラヒラと舞っていたアジサシ達に混じっていたのは、
遠目からも飛ぶと白と黒のコントラストがチカチカと明滅しているように目立つ
ハジロクロハラアジサシの夏羽でした。

20e18-07.jpg

以前紹介したクロハラアジサシと同じく沼アジサシと呼ばれるアジサシの一種で
田植えが済んだばかりの田んぼの上をヒラヒラと飛び回っておりました。

ちなみに沼アジサシの仲間は3種類おります。
1)クロハラアジサシ
2)ハジロクロハラアジサシ
3)ハシグロクロハラアジサシ
なんだか舌を噛みそうな名前が多いですが(笑)、全て日本で観察可能とのこと。
ご覧のみなさんもぜひコンプリート目指してみてください。

20e18-09.jpg

時折近くに飛んでくる彼らをカッコ良く写そうと試行錯誤していたのですが・・・
冒頭では晴れていて、空気も澄んで絶好の撮影日和!と鼻息荒くしておりましたが、
このハジロクロハラアジサシ、真っ黒い顔に黒い瞳というカメラマン泣かせの被写体(^^;
案の定、コントラストがつきすぎて彼らの瞳をうまく映し出すことが出来ませんでした(泣)

でもやはりアジサシは青空バックが一番似合うので、次の機会があれば
もう少し旨く撮れるように精進したいと思っております。
ということで今回はボクの腕ではこれが精一杯でしたということで・・・
へばまた(T∀T)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

一年ぶりの出逢い・・・
  • + 2018-06-06 (Wed) +

ニュースを見ているとじわじわと梅雨入りしている地域が増えてきましたね。
ここ数日はそういった地域とは反対に天気が良く真夏を思わせるような天気が続いた当地です。

6月といえばぜひとも逢っておきたい鳥が居ります。
思い当たる場所をウロウロして、各地で1年ぶりの挨拶をしてくることが出来ました。

27e18-01.jpg

逢いたかった鳥とは・・・
そう、アカショウビンです。

こちらのメスと思われる個体は非常に色白で愛嬌もあるコでした。
のんびりとした子でボクの前で随分と長く寛いでくれました。
でもこの日は日の光が強すぎて、ボクの腕では色白美人をうまく写すことが出来ず
申し訳ないことしました。(^^;

27e18-02.jpg

そしてどうも既に彼氏が居るようで・・・
こちらのオスと思われる個体はお腹の赤みも強く色黒?で強そうなのですが
ちょっと恥ずかしがりやの慎重派のようです。

かかぁ天下になりそうな(笑)このカップルはこれから子育ての時期。
是非ともこの地で次の世代を育てていってもらいたいものです。
今後もそっと見守っていけたらなと思います。
まずは再会できたことに感謝して・・・
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

観るならやっぱり・・・
  • + 2018-05-31 (Thu) +

明日から6月。
九州や四国が梅雨入りし、当地もだんだんとムシムシとした季節がやってきました。
高温多湿が大の苦手なボクにはツラい季節の到来です(^^;

梅雨前の快晴の天気の下、田んぼの上をヒラヒラと軽快に飛び交う渡り途中に立ち寄った
アジサシの群れを眺めているとチョッと小柄で毛色の違うアジサシが混じっていました。

20e18-03.jpg

黒っぽいお腹に赤黒い嘴が特徴のクロハラアジサシです。
アジサシと同様に春や秋の渡りの時期に当地を通過するときに見掛けることが多いです。

20e18-04.jpg

この5月、当地は記録的な大雨被害を受け大荒れの天気となりましたが、アジサシ達は
そのよう荒天の時に陸地に避難してくることが良くあり、僕が見掛けるときもそのような天候の時が
多いと思います。

20e18-05.jpg

クロハラアジサシは沼アジサシとも呼ばれ内水面の淡水域で観察されることが多く
当地でも真夏の内水面で観察されることもあります。
沼アジサシと呼ばれるアジサシは3種類居るようで、日本ではその全てを観察することが
出来ますが、その中で一番ポピュラーのものがこのクロハラアジサシです。

この時は夏羽で名前の通り”クロハラ”アジサシでしたが秋の冬羽になると
お腹の腹黒さ(笑)は薄くなり特徴が薄まってしまいますので綺麗な夏羽の時に
出逢えてラッキーでした。

これから梅雨時期となりどんよりした日も増えてきますが、やはり空を飛び回る鳥を
観るには晴天の空の下で見るに限るよなぁなんて考えたとある休日の一コマでした。
へばまた(・∀・)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

殺気(撮気)にはご注意を・・・(泣)
  • + 2018-05-28 (Mon) +

あっという間に5月も最終週です。
週末にはもう6月に入り、今年も既に折り返し地点が見えてきました。
相変わらずのんびりとしたペースでの更新でご迷惑おかけしております(^^;

先の大雨の日から数日たった台風一過のような快晴の日、まだ水が引かない田に
なにか鳥たちが避難してきていないか見回っていると、遠くの畔にアオアシシギとハマシギの群れ。

逆光の中、1羽づつ確認していくと一番遠くの畔で足を畳んで嘴も羽の中にしまい込んで完全休憩中の
ハマシギ御一行の中になにやらやたらと赤い個体が混じっていることに気づきました。

太陽も昇ってきて立ち上がる水蒸気で視野はユラユラ&ボケボケのなか、何者か特定しようと
スコープまで引っ張り出して頑張っていると、ひょいと顔を上げたその個体はサルハマシギ(・∀・)!
こうなったら持久戦!!

~途中省略(笑)~

20e18-01.jpg

やはり赤いですねぇ!
快晴逆光なので写真を思いっきり補正してますので不自然なのは目をつむってください(^^;

20e18-02.jpg

じっとしていたら結構近づいてきてくれ、このままいけば画面一杯になるまで来てくれるのでは( ̄▽ ̄)ニヤリ
と欲が出てきた矢先、アオアシシギが何かに驚いて飛び立つたのにつられハマシギ御一行様も大空へ・・・(T_T)
グルグル周囲を旋回し、こちらからは近づけない水没した道の向こう側に行ってしまいました。

大体欲を出すとロクなことがありませんよね。
でも思っただけで飛び立たれるとは・・・とほほ
相当殺気(=撮気?)だっていたのでしょうかネ?

皆様も撮影時は平常心をお忘れなく(^^;
へばまた(T_T)ノシ

テーマ : バードウォッチング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

tuka_PON

Author:tuka_PON
秋田から青森に移り住んでいたはずの
アラフォー・・・アラフィフ?おやじが
再び秋田の地からひっそりと呟きます。
鳥見は勿論ですが、たまには渓や海で遊んだり
星空を眺める時間も持ちたいと夢を膨らます
中年オヤジの戯言blogです。

引き続きお付合いのほど
よろしくお願いします。
m(_ _)m

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
カウンター